映画-Movie Walker > 作品を探す > ボヘミアン・ラプソディ > レビュー

投稿レビュー(27件)ボヘミアン・ラプソディは星5つ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

不思議な映画 (投稿日:12月10日)

前半の駆け足で音楽的成功を収める部分はやや退屈。中盤、彼らの苦悩の描写で面白くなってきた!と前のめりに。終盤はまったくクィーンを知らなかったのに音楽の力に圧倒され号泣してた。不思議な映画。»ガイドライン違反報告

投稿:TAKE

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

裸の女王様 (投稿日:12月9日)

どの曲も強烈に懐かしい。特別QUEEN好きだったわけではない私でも、キャッチーな曲調に思わず口ずさんでしまう。
フレディがインド系の人種だという事は全く知らなかった。いろいろな面で苦労も多かっただろう人生。しかしその才能と仲間に恵まれメジャーになるや、当然のように取り巻きが増え、自身のセクシュアリティに悩み、孤独を抱えながらバカ騒ぎを繰り返し、裸の王様になっていく。信頼できるスタッフを切り捨て、裏切り者に騙されるが、若くして逝去する直前に真のパートナーを探し当てたことが救いだった。
個人的には出っ歯強調しすぎと胸毛不足が残念だったけど(笑)最期のLive AIDの再現シーンは凄い&楽しい!で見終わることができました。合掌。
»ガイドライン違反報告

投稿:Fujiko

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

天才は儚い。 (投稿日:12月5日)

洋楽はそれほど詳しくないし、とくにQUEENのファンというわけでもないのですが、観てよかったです。フレディ・マーキュリーの苛烈な人生と、さんざん振り回されたのであろう彼の隣人たちの人間模様を垣間見ることができました。

人物、よくあそこまで似せてきたなとびっくりです。いろんな面で再現度がすごい。鑑賞後、YouTubeでLive AIDの模様をチェックし、ピアノの上のペプシとビールの紙コップの位置までおんなじだったのには笑いました。

フレディ・マーキュリーってやっぱり天才だったんだと改めて。歌声だけで感動する。クイーンのクの字も知らない80代後半の母も「総毛立った」と涙ぐんでました。親孝行できてよかった(笑)。»ガイドライン違反報告

投稿:McCOY

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

改めてクイーンの凄さを (投稿日:12月1日)

当たり前のようにクイーンを聴いていて
当たり前のようにクイーンを口ずさんでいて
当たり前のようにクイーンを観ていた、青春時代。
改めてクイーンを身体で感じて
改めてクイーンに魅せられて
改めてクイーンの凄さを思い出させてくれました。
スクリーンから流れる曲を自然と口ずさんじゃいました。
フレディの才能あふれるパフォーマンス。
志半ばでこの世を去ったフレディ。
伝説になるべくして伝説になりました。
こんなに観客を喜ばせる、凄いパフォーマンス集団は
二度と現れないでしょう。
»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

QUEEN (投稿日:11月23日)

こんな音楽聞いたら元気になる
生きてる事が素晴らしいって思える
彼らの音楽には愛がある
だから言える
「大好き!」って
今じゃないのに
今いっしょに生きている気がする!
»ガイドライン違反報告

投稿:KI-ki

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

見れば感動と生きる活力が沸くと思います。 (投稿日:11月18日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

小学生の子供と家族三人で見に行きました。

しかも胸アツ企画で見たので拍手、足スタンプ、歌う何でもアリアリで楽しめました。

二か月くらい前に見た映画館のタペストリー見た時からとても楽しみにしていて、クイーンのCDは20年前に二枚購入はしているものの予告編やらライブエイドのユーチューブやら十日前より見て行きました。

好きな音楽が聞ける最高な映画だろうとの期待に裏切りはなく、仲間と家族がテーマとなっています。

お金と名声で裸の王様的になりつつ、ゲイへのカミングアウトで最愛の人が離れ、金に群がる愚弄者に孤独にされる。
しかし大切なものとは何かを教えてくれた彼女に自分を取り戻し素直になり仲間、家族のもとへ。

小学生の子供も字幕で読めない漢字が多かったが音楽は楽しめたようで、毎日クイーンの音楽を聞いて歌っています。
(映画館内ではウィ・ウィル・ロック・ユーを手拍子したり、ドントストッピーナウを歌ってました)

リピ確実で次も胸アツ、最後は爆音で3回は見たいと思ってます。

数ある見てきた映画の中でもこれは鼻水が出るくらいに泣けちゃいますので、泣いてすっきりしたい人にもお勧めです。

当時のエイズへの感染は恐怖でしかあらず。
そんな中、自分は素直に生きているか、やれることをすべてやっているか。

見た人には感動と明日への活力が沸くと思います。»ガイドライン違反報告

投稿:マーク目線

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

聴いてから観るか、観てから聴くか! (投稿日:11月18日)

IMAXでも、Doby-ATMOSでも鑑賞しました。
Queenについては、英国の人気ロックバンド、
フレディ・マーキュリーがエイズで亡くなったということ
しか知りませんでした。
音楽は最高で、物語は良くできています。

ロックとは、曲を製作し、ギター、ベース、ドラムスが演奏し、
ボーカルが歌い、アーティストの自主性で成り立つ音楽である
ことを再認識されてくれました。

組織の論理を優先している人々には、ロックに憧れることは
できても、理解も共感もできないということです。

Queenは、フレディ・マーキュリーがリードボーカルとピアノ、
ブライアン・メイがギター、ロジャー・テイラーがドラムス、
ジョン・ディーコンがベースという英国の4人の男性のバンド
です。
フレディ・マーキュリーは、ライブで観客と一体になれる
パフォーマーでもあります。
Queenの音楽への才能、情熱、愛情を感じました。

音楽を製作したこともないのですが、以下の音楽がどのようにして
生まれたのかを観れたのが良かったです。
「ボヘミアン・ラプソディ」
「地獄へ道ずれ」
「ウィ・ウィル・ロック・ユー」
この3曲は、事前に聴いておいたほうが映画を楽しめます。

他に印象に残った曲は以下の通りです。
「キラー・クィーン」
「愛にすべてを」
「炎のロックンロール」
「ハマー・トゥ・フォール」
「伝説のチャンピオン」
「Radio ga ga」
「ドント・ストップ・ミー・ナウ」

題名の「ボヘミアン・ラプソディ」は、1975年10月31日に
Queenが発表した、アルバム「オペラ座の夜」からシングル曲として
発表された曲で、 アカペラ、バラード、オペラ、ハードロック、
という構成で、5分55秒という長いの楽曲ですが、全英シングルチャート
で9週連続第1位を獲得し、世界で600万枚を売り上げ、英国史上最高の
シングル曲です。
Queenがアーティストの自主性を貫き通し、レコード会社から独立する
きっかけになった曲でもあります。
つまり、Queenは、この曲でロックバンドになったという曲です。
ボヘミアンは、東ヨーロッパにあるチェコの西部・中部地方を示す
歴史的地名でが、芸術家や作家、世間に背を向けた者などで、
伝統や習慣にこだわらない自由奔放な生活をしている人という意味でも
あります。
ラプソディは、狂騒曲という意味で、自由奔放な形式で民族的または
叙事的な内容を表現し、異なる曲調をメドレーのようにつなげた曲の
ことです。

物語は、フレディ・マーキュリーが才能を信じ、旅立ち、人と出会い、
才能を発揮し、新しいことに挑戦し、人と別れ、再び集うという成長物語
です。
物語は、「旅立ち」、「成し遂げ」、「帰還する」という英雄伝説を踏襲
しているので、分かりやすいです。
「スター・ウォーズ」や「ホビット」と同じような物語だと思えば良いです。

エイズは、アフリカ発祥と言われ、1981年に米国に住む同性愛者男性
が正式に認定され、性交渉や麻薬の注射器の使いまわしによる血液感染し、
完治は困難で、薬による延命治療が行われています。
日本では、性交渉による感染でエイズは年々増加傾向にあり、危険な
状態です。
アフリカでは、エイズが最も発症していて3000万人もの患者がいます。

ライヴエイドは、1985年7月13日に「アフリカ難民救済」のために
英国ロンドン近郊ウェンブリー・スタジアムというサッカースタジアム
や米国フィラデルフィアにあるジョン・F・ケネディ・スタジアムで
行われ、開催総時間12時間、84カ国に衛星同時中継され、
行われた20世紀最大のチャリティコンサートで、Queenも出演し、
最多となる6曲を披露し、圧倒的なパフォーマンスを見せて、伝説と
なりました。

フレディ・マーキュリーは、エイズという致死率が高く、治療方法もない
病気に感染しながら、正気を保っていることが凄いです。
この映画を観てフレディ・マーキュリーを支持する人々は、
「善き思い、善き言葉、善き行い」をすることで、どのような困難にも
立ち向かえます。

400万ドルは、約44億円です。
100万ポンドは、約14億円です。

私は、この映画を観て、全ての曲をダウンロードし、聴きながらこの
レビューを書きました。

YouTubeにアップロードされている「Live Aid- Queen- Full Set HQ」
も鑑賞しました。
映画を観た人も、観ていない人にもこの動画もお勧めです。

映画を理解したいという人にはパンフレットの購入をお勧めします。
»ガイドライン違反報告

投稿:ノリック007

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

存在 (投稿日:11月17日)

クイーンのデビュー時代から彼らを知ってる者として一言。
涙を流したし、感動した。
製作に関わった全ての関係者に感謝。

»ガイドライン違反報告

投稿:srk182206kn

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

音楽を楽しむ映画 (投稿日:11月17日)

ネットでいろいろ調べると、ストーリーは史実と大分異なるようですし、フレディを一応、主人公にしながらも、その人生や内面に深く切り込んでいるわけではなく、出来事を一通り説明するレベルに留まっています。

まあ、物語というより、どちらかといえば、バックに流れる、クイーンのオリジナル音源がメインの映画。改めて、彼らの奏でた音楽が、これほど凄かったのかと、再認識させられる映画。

今、改めて聞くと、フレディー・マーキュリー存命時の、クイーンの音楽は、西欧近代音楽の、ひとつの到達点なのかも知れない、という気さえします。

とはいえ、音楽がメインの映画とは言っても、映像が音楽の邪魔をしないで済んだのは、フレディー・マーキュリーを演じた、ラミ・マレックの、並外れた演技力。特にステージ・シーンでの”なりきり”は、生半可じゃないです。»ガイドライン違反報告

投稿:元電気メーカー社員

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

とりあえず、見て聞いて (投稿日:11月13日)

封切直後に観て正解。大きなスクリーンで音響がとても良くて。
とりあえず、映画館の一番いいスクリーンで上映している間に観ることを勧めます。
»ガイドライン違反報告

投稿:パライバ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボヘミアン・ラプソディ > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る