映画-Movie Walker > 作品を探す > ソローキンの見た桜

予告編動画を見る ソローキンの見た桜の画像

日露戦争時にロシア兵捕虜収容所があった愛媛県松山を舞台に、日本人看護師とロシア将校との愛と、その子孫の女性という、2つの時代で繰り広げられる物語を描く人間ドラマ。『孤狼の血』の阿部純子が、日露戦争時代の看護師と現代パートでのTVディレクターという一人二役を演じる。監督は『太陽』でメイキング監督を務めた井上雅貴

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2018年、新人TVディレクターの桜子(阿部純子)は先輩・倉田(斎藤工)の指示によりロシア人墓地の取材を皮切りにロシアにいくことになるが、興味を持てない。そんな中、祖母・菊枝(山本陽子)から、自身のルーツがロシアにあることを教わる。祖母の手元には、日露戦争時代に看護師をしていた先祖・ゆいの日記が残されていた。ロシア兵と日本人看護師の日記を紐解いていくうちに、桜子はある事実を知る……。日露戦争時代。ゆい(阿部純子/二役)は弟・健二を戦争で亡くしロシア兵を許せずにいたが、ロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになる。当時、世界から一流国として認められるため、日本はハーグ条約遵守を意識し、ロシア兵捕虜のアルコールの購入や外出などの自由を認めており、松山市民とロシア兵捕虜は交流を深めていく。ロシア兵を憎む一方でソローキンの寛大な心や女性を敬う考え方に惹かれていくゆい。ソローキンもまた、ゆいの心の奥の悲しみを取り除きたいと願い始める。しかしソローキンが捕虜となったのはある密命のためであり、ロシア革命に加わろうと収容所を脱出し帰国することにした彼はゆいも連れて帰ろうとするが……。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 KADOKAWA=平成プロジェクト
上映時間 未定
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

高宮桜子/武田ゆい 阿部純子
ソローキン ロデオン・ガリュチェンコ
高宮菊枝 山本陽子
ボイスマン大佐 アレキサンドル・ドモガロフ
武田勇吉 六平直政
竹場ナカ 海老瀬はな
戒田節子
山本修夢
藤野詩音
宇田恵菜
井上奈々
TVカメラマン 杉作J太郎
倉田史郎 斎藤工
河野所長 イッセー尾形

レビュー

一途な純愛が激しく美しくて素敵なお話

投稿者:ひろ

(投稿日:2019/04/07)

美しく慎ましくたくましい昔の日本女性をよく描いていて。その覚…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

透明感がすごい!注目の若手女優、阿部純子の美しさに見惚れる【写真特集】<写真26点>
透明感がすごい!注目の若手女優、阿部純子の美しさに見惚れる【写真特集】<写真26点>(2019年3月29日 18:00)

阿部純子、日露戦争時代のロミジュリ映画『ソローキンの見た桜』に懸けた想い
阿部純子、日露戦争時代のロミジュリ映画『ソローキンの見た桜』に懸けた想い(2019年3月25日 06:30)

『孤狼の血』(18)でヒロインを演じたことも記憶に新しい阿部純子の最新主演映画は、日露戦争時代を舞台に国境を越えた愛を描いた日露合作映画『ソローキンの見た桜』(…

阿部純子、桜色の和装で会場をくぎ付けに!「ロシアでの撮影はすごく新鮮でした」
阿部純子、桜色の和装で会場をくぎ付けに!「ロシアでの撮影はすごく新鮮でした」(2019年3月23日 14:00)

日露合作映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が、3月23日に角川シネマ有楽町で開催され、阿部純子、斎藤工ほか豪華キャストと、スタッフ陣が登壇。映画にちな…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ソローキンの見た桜