映画-Movie Walker > 作品を探す > ジュリアン

第74回ベネチア国際映画祭にて最優秀監督賞(銀獅子賞)を受賞したドラマ。ブレッソン夫妻は離婚し、11歳になる息子の親権内容を争っている。元夫に子供を近づけたくない母ミリアムだったが、裁判所は夫アントワーヌに息子への面会の権利を与える。彼は面会の度に息子ジュリアンから母の居場所を聞き出そうとするが、ミリアムは電話に出ず、住所さえ伝えない。母親を守るためジュリアンは必死に嘘をつくがアントワーヌに嘘を見破られてしまい、彼が家に乗り込んでくる。ジュリアンは母親を守ることができるだろうか……。

3/5
総評価数 14
レビュー 4
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (6)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (3)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ブレッソン夫妻は離婚し、11歳になる息子の親権内容を争っている。元夫に子供を近づけたくない母ミリアムだったが、夫アントワーヌは、妻が離婚の引き金を引いたと強く主張し、息子との面会の権利を得る。彼は面会の度に息子ジュリアンから母の居場所を聞き出そうとするが、ミリアムは電話に出ず、住所さえ伝えない。母親を守るためジュリアンは必死に嘘をつくがアントワーヌに嘘を見破られてしまい、怒りに満ちた彼が家に乗り込んでくる。

見たい映画に
登録した人
18

作品データ

原題 JUSQU'À LA GARDE
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 アンプラグド
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ミリアム・ベッソン レア・ドリュケール
アントワーヌ・ベッソン ドゥニ・メノーシェ
ジュリアン・ベッソン トーマス・ジオリア
ジョゼフィーヌ・ベッソン マティルド・オネヴ
サミュエル マチュー・サイカリ
シルヴィア フロランス・ジャナス
裁判官 サディア・ベンタイエブ
ミリアムの弁護 ソフィー・パンスマイユ
アントワーヌの弁護士 エミリー・アンセルティ=フォルメンティニ

レビュー

三行半な男

投稿者:seapoint

(投稿日:2019/2/2)

うーん、ちらしの文言が期待を上げてしまった。衝撃って言っても…

[続きを読む]

支持者:0人

リアル過ぎて、苦しかった

投稿者:

(投稿日:2019/1/30)

驚いたのは、Xavier Legrand監督が、男性な事。ど…

[続きを読む]

支持者:0人

この恐怖は日常の中、身近に存在する・・・

投稿者:杉ちゃん

(投稿日:2019/1/26)

 離婚した夫婦が親権をめぐって争った結果、週末は父親と過ごす…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

「DV被害者の声が忘れ去られている」ヴェネチア受賞の監督が語る、『ジュリアン』に込めた想い
「DV被害者の声が忘れ去られている」ヴェネチア受賞の監督が語る、『ジュリアン』に込めた想い(2019年1月29日 03:00)

第86回アカデミー賞短編映画賞(実写)にノミネートされた『すべてを失う前に』(12)を手掛けたグザヴィエ・ルグラン監督が、同作と同じ“ドメスティック・バイオレン…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ジュリアン