TOP > 上映中の映画作品を探す > WAKITA PEAK

WAKITA PEAKの画像

サーフィンの聖地ハワイ・オアフ島ノースショアに来る世界屈指の波パイプラインにその名を刻むサーファー脇田貴之に密着。家族を抱え将来への不安もありつつ、パイプラインに全身全霊をかけ今という瞬間を精一杯生きる脇田の生き様を捉えたドキュメンタリー。Los Angeles City Collegeで映画制作を学ぶ一方でサーフィンに魅せられた映像作家・清野正孝が、脇田を通し、一途に一つのことに人生を捧げる狂気と美しさ、そしてサーフィンの崇高さに触れる。

5/5
総評価数 2
レビュー 2
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

奇跡の7マイルと呼ばれる、サーフィンの聖地ハワイ・オアフ島ノースショア。多くのサーフスポットが連なり世界屈指の波が立ち、中でもパイプラインの波は世界で最も危険で美しい。その波に名を刻んだ日本人サーファーがいる。脇田貴之。彼は海を神聖な場所として崇めるハワイアンたちを尊重し、彼らすら手を出さない巨大で危険な波が来るポイントで波を待つように。人々はその場所をWAKITA PEAK(ワキタピーク)と呼ぶようになった。全員サーファーである家族を抱え、思春期の子どもたちと向かい合い、そして将来への不安もありつつ、パイプラインに全身全霊をかける脇田。サーフィンは内省的な一面を持ち、人を破滅に導くこともあれば、命を豊かにもする。時には敗北し、後戻りすることさえできない現実があるが、それでもなお自分の道を突き進み今という瞬間を精一杯生きる脇田の姿を追う。

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 アヴィエイター・ジャパン、シネメディア
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 清野正孝
撮影 清野正孝
音楽 喜多直毅翠川敬基さがゆき
編集 清野正孝
水中撮影 神尾光輝
プロデューサー 井上士郎
エグゼクティブ・プロデューサー 中原想吉

レビュー

眩しく美しい男の生き方

投稿者:nior2

(投稿日:2018/6/22)

この映画の主人公・脇田さんはとてもまっすぐな方で、僕にとって…

[続きを読む]

支持者:0人

95分のサーフトリップ

投稿者:ねもねも

(投稿日:2018/6/13)

サーフィンに興味の無い方はスルーなのはいたしかたないと・・劇…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > WAKITA PEAK