ハンターキラー 潜航せよ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハンターキラー 潜航せよ

2019年4月12日公開,122分
  • 上映館を探す

ジェラルド・バトラー主演の軍事アクション。ロシア国内で起きたクーデターによる米露衝突の危機を回避するため、ロシア海域を目指す原子力潜水艦クルーたちの活躍を描く。原子力潜水艦の元艦長とジャーナリストの作家が共同執筆し、リアルな描写が話題となった小説を、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツが製作を手がけ映画化した。

予告編・関連動画

ハンターキラー 潜航せよ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロシア近海で米海軍の原子力潜水艦が姿を消し、攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーが捜索に向かう。そこに沈んでいたのはロシアの原子力潜水艦で、生存者の艦長が捕虜になる。その頃、ロシア国内では世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていて、未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーにロシア海域への潜航命令が下る。

作品データ

原題
HUNTER KILLER
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
122分

[c]2018 Hunter Killer Productions, Inc. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.9
  • Burk

    4
    1ヶ月前

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • お水汲み当番

    5
    2020/7/19

    現実だったら絶対に不可能なことと知りながら、映画だから楽しめるという設定は、たしかに存在するのだと思います。

    この映画の最大の魅力も、その点でしょう。
    もちろん、米軍の強力な協力のもとで作られているはずの映画なので、潜水艦のハッチの厚さに代表されるような機密の部分は、どれもすべて、さりげなくごまかされていましたが、潜水艦の闘いのリアル感はまったく損なうことはありませんでした。

    しかしそれにもまして見どころだったのが、人間たちのドラマです。
    たとえば、非エリートで叩き上げの新任艦長が、演説ひとつで全乗組員の心をガッチリと掴んでしまうところなど、私が乗組員だったとしても感動した部分。
    上司たるもの、かくありたいと思わずにはいられませんでした。

    あくまでドラマなので、好都合の偶然が山盛りですが、そういう点を差し引いても、充分に楽しめる作品だったと思います。
    潜水艦の有する圧倒的な質量感。高揚させられました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • みるみる

    4
    2019/7/9

    見損ねていたのですが再上映していたので急いで見に行きました。見れて良かった!
    海の男、特殊部隊の男、陸で苦悩する男、もうたまりません。軍事的な事や政治的な事はこの際置いといて潜航せよ!ですよ。ストーリーはとても分かりやすく置いてけぼり食らう事も無く、米国ロシア潜水艦大統領救出とあちこち話が飛ぶので飽きることなく楽しめました。
    あッ、おッ、と声が出てしまう場面も多く潜水艦のシーンは一緒に耳を澄まし息をひそめバクバクしました。ロシア船がミサイルを撃ち落とした時は泣けそうになったわ。特殊部隊の怪我で別行動だった隊員のスナイパーぶりも必見。
    皆がみんなカッコ良すぎですがとても面白い作品だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告