TOP > 上映中の映画作品を探す > レディ in ホワイト

レディ in ホワイトの画像

「HiGH & LOW THE RED RAIN」の吉本実憂主演、苦労知らずの新人とエリート上司との闘いを描いた成長譚。名古屋のメーカーに就職した令嬢の彩花は、敬語が使えず、指示にも従わず、パワハラ体質の部署内で浮き、上司と衝突してしまう。監督は「スープ~生まれ変わりの物語~」の大塚祐吉。吉本実憂とは「罪の余白」でも組んでいる。名古屋の社長令嬢である主人公・彩花を吉本実憂が、パワハラ全開の上司を「おかあさんの木」やテレビドラマ『火花』などに出演する波岡一喜が演じる。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

名古屋に住む社長令嬢・彩花(吉本実憂)は、何不自由なく育ち、何事にも物怖じしない性格。就職活動で面接を受けても、上から目線で受け答えをしてしまう。白が好きな彼女はホワイト企業だからという理由で名古屋のメーカーに就職。企画部に配属されるが、そこは部下は上司に奴隷のようにひたすら従うパワハラ体質のところで、彩花はこれまでに味わったことのない屈辱に直面する。それでも敬語が使えないどころか指示に従わず、白スーツをキメてやってくる彼女は、部の実質的リーダーでカリスマプレゼンターである翔平(波岡一喜)と衝突してばかりだった。社内で厄介者と噂されるようになった彩花はついにクビを宣告され、時同じくして父の会社が倒産。そんな中、社運を賭けたコンペティションに翔平のかつての部下で因縁のライバルが現れる。苦難の中、彩花に女性ならではの企画が託される。

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大塚祐吉
脚本 能登秀美
製作 田上英樹橋本知鑑
プロデューサー 二村慈哉
撮影 ふじもと光明
録音 西岡正己
美術 菊地章雄
衣装 椎名倉平
音楽スーパーバイザー 花崎雅芳
音楽 CONISCH & CAPRICCIO PROJECT
アソシエイトプロデューサー 中林広樹
ラインプロデューサー 藤原健一
ポストプロダクションプロデューサー 稲村浩
ポスプロデータマネージャー 石井塁

レビュー

世間知らずVSパワハラ。クセ者揃いの中で紡がれる、成長物語。

投稿者:門倉カド

(投稿日:2018/11/28)

【賛否両論チェック】 賛:自分勝手なばかりだったヒロインが…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > レディ in ホワイト