映画-Movie Walker > 作品を探す > ドライビング・MISS・デイジー

白人の老婦人と黒人の運転手の心の交流と友情を25年の時の流れの中で描くドラマ。エグゼクュティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・ブラウン、製作はリチャード・D・ザナックとリリ・フィニ・ザナック、監督は「ロンリー・ハート」のブルース・ベレスフォード、脚本・原作戯曲はアルフレッド・ウーリー、撮影はピーター・ジェームズ、音楽はハンス・ジマーが担当。出演はジェシカ・タンディモーガン・フリーマンほか。89年アカデミー賞作品、脚色、主演女優(ジェシカ・タンディ)、メーキャップ賞受賞。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 40
レビュー 6
投票 34
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (16)
星4つ 93% (15)
星3つ 50% (8)
星2つ 6% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

48年、夏。長年勤めた教職を退いた未亡人のデイジー(ジェシカ・タンディ)は、ある日運転中に危うく事故を起こしかけ、母の身を案じた息子のブーリー(ダン・エイクロイド)は、彼女の専用の運転手としてホーク(モーガン・フリーマン)という初老の黒人を雇う。しかし典型的なユダヤ人で、元教師のデイジーには、運転手なんて金持ちぶっているようで気性が許さなかった。どうしても乗車拒否を続けるデイジーは、黙々と職務に励む飄々としたホークの姿に根負けし、悪態をつきながらも車に乗ることになる。こうして始まったデイジーとホークの奇妙で不思議な関係は、1台の車の中で、やがて何物にも代えがたい友情の絆を生み出してゆく。そして25年の歳月の流れの中で、初めてホークはニュージャージー州外を旅し、またデイジーはキング牧師の晩餐会に出席したりした。いつしか頭がボケ始めたデイジーは施設で暮らすようになり、長年住み馴れた家も売ることになった。しかしデイジーとホークの友情は、変わることなく続くのだった。

見たい映画に
登録した人
31

作品データ

原題 Driving Miss Daisy
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 99
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

人種・宗教・イデオロギーの垣根を越えて近づくことの大切さ

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/11/29)

 還暦まであと3年の年代になってくると「ドライビング・ミス・…

[続きを読む]

支持者:11人

演技力必見です

投稿者:アスピリクエタ

(投稿日:2014/07/18)

老婦人とその運転手の友情を描いた作品。よかったです。 教師…

[続きを読む]

支持者:1人

優しさと、きびしさと

投稿者:vaiolin

(投稿日:2013/10/20)

生活の格差、人種差別、人柄、運命などの二面性など多くの問題提…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ドライビング・MISS・デイジー