TOP > 映画作品を探す > 告白小説、その結末

予告編を見る
告白小説、その結末の画像

ロマン・ポランスキー監督がフランスの女性作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンのメタフィクション『デルフィーヌの友情』を映画化。スランプに陥った作家デルフィーヌの前に、熱狂的なファンだと称する女性エルが現れる。やがて、ふたりは共同生活を始めるが……。出演は「毛皮のヴィーナス」のエマニュエル・セニエ、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のエヴァ・グリーン、「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」のヴァンサン・ペレーズ。脚本をポランスキーと「パーソナル・ショッパー」のオリヴィエ・アサイヤスが執筆。撮影は「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」のパヴェウ・エデルマン。音楽を「グランド・ブダペスト・ホテル」「シェイプ・オブ・ウォーター」のアレクサンドル・デスプラが手がける。

3/5
総評価数 16
レビュー 4
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (7)
星3つ 25% (8)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
30

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

心の病から自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、スランプに陥っている作家デルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)。そんな彼女の前に、熱狂的なファンだと称する聡明で美しい女性エル(エヴァ・グリーン)が現れる。差出人不明の脅迫状にも苦しめられているデルフィーヌは、献身的に彼女を支えてくれ、本音で語り合えるエルに信頼を寄せていく。やがて、ふたりは共同生活を始めるが、時折ヒステリックになり不可解な言動を発するエルに、デルフィーヌは困惑する。はたしてエルは何者なのか、なぜデルフィーヌに接近してきたのか……。ある日、エルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようとするが、その先には想像を絶する悪夢が待ち受けていた……。

作品データ

原題 D’APRÉS UNE HISTOIRE VRAIE
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 キノフィルムズ
上映時間 100
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

えっ! そういうことだったの?

投稿者:元電気メーカー社員

(投稿日:2018/7/13)

主人公の小説家は、ネット時代の今の世の中では、あまりに無防備…

[続きを読む]

支持者:0人

心の裏の裏

投稿者:seapoint

(投稿日:2018/6/30)

エル、彼女の目的は一体… 見ればみるほど、デルフィーヌの頭…

[続きを読む]

支持者:1人

解釈

投稿者:

(投稿日:2018/6/26)

コレは解釈が難しい・・ 急展開の後半はMiseryを彷彿さ…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

鬼才ロマン・ポランスキーが放つ新たな戦慄!『告白小説、その結末』にフランス映画界の才能が結集
鬼才ロマン・ポランスキーが放つ新たな戦慄!『告白小説、その結末』にフランス映画界の才能が結集(2018年4月16日 17:00)

『戦場のピアニスト』(02)や『おとなのけんか』(11)で知られる鬼才ロマン・ポランスキー監督の4年ぶりの最新作『告白小説、その結末』が6月23日(土)より全国…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 告白小説、その結末