映画-Movie Walker > 作品を探す > ねことじいちゃん > レビュー

投稿レビュー(5件)ねことじいちゃんは星3つ

猫だけでいい (投稿日:2019年8月31日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

 元が漫画なので、実写版に違和感があるのはしかたがないが、主役のベーコン君が、タマと似てもにつかぬえらく凄みのある猫である。こんなに頼もしそうな猫なら、おばあさんも安心して眼をつぶれるだろう。

 しかし初めて撮影する映画で、主役が素人というのはあんまりではないだろうか。人間が出てくるたびにしらけてしまう。そんなのどうでもいいから、タマの恋物語をもっと詳しく知りたかった。わたしの知る限り、あんたなんか嫌い!と言われたら最後なのだけど。映画ではいつのまにかつきあっているし。

 監督の通訳が見事だったのか、猫の演技はとても素晴らしいが、タマが拾われるシーンはありえない。医者に行く時間も惜しいほど瀕死の状態のはずなのに、出てきたのはいかにも健康そうな美しい子猫…
 せっかくの田中裕子の熱演が浮いてしまう。

 あと皆さんの服が新しすぎてしらける。刑事コロンボのレインコートは100回洗濯したそうだが、そこまでとはいわなくても、数回は水に通したものを着てもう少しリアリティを出して欲しかった。

 始まったときは猫がたくさん出てきてワクワクしたけれど、進めば進むほどつまらなくなってきて、眠気をおさえるのが難しかった。

 ただ、ベーコン君には何らかの賞をあげたい。本当に見事な演技だった。 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

猫好きにはたまらないニャー (投稿日:2019年8月26日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

当日限りの上映会があり、友人に誘われ鑑賞。

観る前は 猫の映画なんか、と思っていましたが、バカにしちゃあいけませんね。

世界ネコ歩きでも知られる動物写真家の岩合光昭初監督作品として注目された本作
小さな島を舞台に猫と島民との穏やかで温かい暮らしを描きます。

立川志の輔 扮する大吉は妻に先立たれ、飼い猫のタマとひっそり暮らす日々。

こちらの言葉を理解しているのではと、思わせるような猫の役者ぶりにはびっくり

作品の背景には高齢化や過疎化など現代社会が抱える問題もちりばめてあって
結構いい。

猫が仲立ちとなって人と人を結びつけるストーリーが、また素晴らしいんです。

猫たちの表情や島の美しい風景とともに、そこに暮らす人々をユーモアかつ繊細に
描き出されていましたね。

今作には、たくさんの猫が出てきます。
もう一匹の主人公でもある タマ役には たくさんのオーデションの中から
選ばれたという。

志の輔との息の合った動きなど人間顔負けの演技だったのでは。
猫好きにはたまらない、そんな映画でしょう。

猫だけじゃあありません。
小林薫さんの味のある演技に加え 若先生の柄本佑さんもよかったな。

前半は少しうとうとしていた私でしたが 後半はしっかり見入ってしまう
ストーリーの面白さ。

私も猫を飼っていた経験はありますが、こんなにも 可愛がったことはないです。

映画はたくさんの人が見ていらっしゃる公衆の場ですので、一人で大声を出して爆笑するのは
慎みましょう。

猫の表情に癒された2時間でした。
»ガイドライン違反報告

投稿:えこう

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

猫いっぱい (投稿日:2019年3月17日)

猫好きな人必見の映画です。猫島の一つ、佐久島のゆったりとした時間が、なんとも言えず、一度訪れてみたくなりました。
最後のエンドロールに出てくる猫たちの名前、面白かったです。 »ガイドライン違反報告

投稿:れしー

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

美しい猫たちのすがた (投稿日:2019年2月28日)

冒頭、そして随所にインターバル的にはさまれる猫たちの姿に、何度も涙が出そうになった。

魚がおいしく、猫がたくさんいて、のどかで風光明媚な島。けれどそこには高齢化と過疎化が日々じわじわと押し寄せてもいる。柄本佑演じる若い医師の「赴任する前、ここでの一番の仕事は死亡届を書くことだと言われた」というセリフが表すシビアな現実。それでも島の人びとは淡々と暮らしている。いいことばかりでないのはどこで暮らしても同じ。不安、孤独、焦燥がある一方で、安らぎや楽しさもある。

離れ小島で親が独居していたら、子供はどうしたって心配する。でもその心配はしょせん「家族なのに放置してしまっている」罪悪感から生まれたものに過ぎないのかもしれない。ほとんどの高齢者は、多少不便だろうと住み慣れた場所で思い思いの生活を紡いでいくのが一番なのだ。

テレビで見るかぎりは時にアクの強ささえ感じてしまう立川志の輔が、穏やかな島のじいちゃんになりきっていて驚いた。とはいえMVPはやはり主演猫ベーコン(笑)。まんまるい顔にぶっとい前足、歩く姿に寝姿、何もかもが愛らしい。岩合さんの映像(猫も風景も)と心にしみる静かな起承転結が、しっくり馴染んでいる良作です。 »ガイドライン違反報告

投稿:McCOY

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ねことじいちゃん > レビュー