TOP > 映画作品を探す > 情熱の国

ラスキー社が1914年ダスティン・ファーナム氏を主役として撮影した事のあるエドウィン・ミルトン・ロイル氏原作の名作を、1918年エリオット・デクスター氏を主役としてセシル・B・デミル氏監督の下に製作した映画で、役割通り素晴らしい名優揃いである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジム・ウィンゲイトは従兄なるカーヒルの伯爵ヘンリーの妻ダイアナを恋している。ヘンリーはある孤児院から委託されている金を使込んだので、ジムはダイアナの身を思い、罪を身に引受けて姿を隠し、ワイオミングにある牧場へ来る。一日ジムは原住民の娘ナチュリックがキャッシュ・ホウキンスの毒牙に懸ろうとするのを助け、ホウキンスの恨を招く。ヘンリー夫妻が他の人々と共にこの地方を旅行して通懸った時、一行中のジョン・アップルゲート卿はジムの旧悪を数えるが、ダイアナは彼を信じていた。ホウキンスはジムを襲ったが原住民の娘ナチュリックに殺される。その後ジムが落馬して傷いた時ナチュリックは再び彼を助けた。この縁から二人は結婚しハルという男の子を儲ける。役人は未だジムをホウキンス殺しの罪人として捜していた。ヘンリーは重傷を受け死ぬ間際にジムの委託金費消罪の無罪なるを証した。ダイアナとジョン卿とはジムに帰国を迫るので、原住民の女は夫と愛児がわが手から去り行くを悲み、自殺し果てる。ジムは深く悲しむが、西部を去って故国に帰り、数年の後ダイアナと結婚する。(日活輸入)

作品データ

原題 The Squaw Man
製作年 1918年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 情熱の国