TOP > 上映中の映画作品を探す > ここは退屈迎えに来て

予告編を見る
ここは退屈迎えに来ての画像

『アズミ・ハルコは行方不明』などで知られる山内マリコの処女小説を、名匠・廣木隆一監督が映画化した青春群像ドラマ。とある地方都市を舞台に、高校時代のみんなの憧れの存在だった“椎名くん”を巡る女性たちの物語がつづられる。橋本愛門脇麦岸井ゆきのといった若手実力派女優が共演し、等身大のキャラクターを魅力的に演じる。

3/5
総評価数 15
レビュー 3
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (4)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (4)
見たい映画に
登録した人
26

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一度は東京へ出たものの、地元へ戻り、フリーライターをしている「私」は、取材終わりに高校時代に仲のよかったサツキと合流。かつてみんなの憧れの存在だった椎名に会いに行くことに。途中、ゲームセンターに立ち寄ると、たまたま帰省中だった同級生の新保と再会。近況を話しているうち、新保が椎名にいまの勤め先を紹介していたことを知る。

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 KADOKAWA
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 廣木隆一
脚本 櫻井智也
原作 山内マリコ
製作 斉藤剛高橋章瀬井哲也佐野真之宮前泰志板倉均佐竹一美
エグゼクティブプロデューサー 金吉唯彦
プロデューサー 宇田川寧田口雄介杉山剛
アソシエイトプロデューサー 小林亜理長井龍
音楽プロデューサー 安井輝
撮影 水口智之
照明 北岡孝文
録音 深田晃
美術 丸尾知行
装飾 吉村昌悟
衣裳 田中亜由美
ヘアメイク 永江三千子酒井夢月
特殊車両 佐藤秀美
視覚効果 松本肇
音響効果 渋谷圭介
編集 野本稔
音楽 フジファブリック
主題歌 フジファブリック
スクリプター 大西暁子
助監督 中里洋一
制作担当 村山亜希子

キャスト

レビュー

若者にとって時間は、とても退屈で、たいていは残酷で、少しだけ優しい

投稿者:ぱぴぷぺぽんしゅう

(投稿日:2018/11/6)

時間が丁寧に描かれる。時間はときに麻薬のように思考を曇らせ、…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

千葉雄大と成田凌にスマホの恐怖が再び…『スマホを落としただけなのに2(仮)』が2020年に公開決定
千葉雄大と成田凌にスマホの恐怖が再び…『スマホを落としただけなのに2(仮)』が2020年に公開決定(2019年4月2日 23:00)

恋人が落としたスマホをきっかけに命をねらわれることになり、隠された過去が暴かれる恐怖を描いた『スマホを落としただけなのに』。“スマホ世代”の共感を呼び、興行収入…

橋本愛や成田凌の10年前!デビュー前の写真に大反響「かわいい!」
橋本愛や成田凌の10年前!デビュー前の写真に大反響「かわいい!」(2018年10月20日 13:25)

山内マリコの同名処女小説を映画化した『ここは退屈迎えに来て』(公開中)の公開記念舞台挨拶が、10月20日に新宿バルト9で開催され、橋本愛、成田凌、渡辺大知、村上…

橋本愛の存在感を、渡辺大知が「出てくるだけでストーリーが始まる」と絶賛!
橋本愛の存在感を、渡辺大知が「出てくるだけでストーリーが始まる」と絶賛!(2018年10月18日 16:10)

小説家・山内マリコの処女作を映画化したビターな青春群像劇『ここは退屈迎えに来て』(10月19日公開)で共演した橋本愛と渡辺大知。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ここは退屈迎えに来て