TOP > 映画作品を探す > 大和(カリフォルニア)

「霊的ボリシェヴィキ」の韓英恵主演、米軍基地を有する神奈川県大和市を舞台に、語るべき言葉を模索する少女を描く青春ドラマ。ラップの練習と喧嘩に明け暮れるサクラ。ある日母の恋人である米兵アビーの娘レイが来日し、二人は音楽の話を通じ距離を縮める。監督は、「夜が終わる場所」でメガホンを取り、「ひかりをあててしぼる」などの脚本を手がけてきた宮崎大祐。大和市に隣接する相模原市出身のラッパーNORIKIYOが本人役で出演するほか、Cherry Brown、ロックバンド割礼宍戸幸司GEZANらミュージシャンが集結している。第12回大阪アジアン映画祭コンペティション部門にて日本初上映。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

戦後米軍基地と共に発展してきた神奈川県大和市。町には戦闘機の轟音が鳴り響き、厚木基地はカリフォルニア州に属するという噂すらある。アメリカのラッパーに憧れる長嶋サクラは、ラップの練習と喧嘩に明け暮れる日々を過ごしている。人前でラップを披露しようにも緊張する癖があり、腕試しで挑んだサイファーでもディスられてしまう始末。サクラは日本人の母と兄、そして母の恋人である米兵アビーに囲まれ、この町のように複雑な関係性の中で育ってきた。ある日、アビーの娘レイがカリフォルニアから来日。日本とアメリカのハーフであるサンフランシスコ出身のレイと、好きな音楽の話を通じて距離を縮めていくが……。

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本=アメリカ
配給 boid
上映時間 119
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 宮崎大祐
プロデューサー 伊達浩太朗宮崎大祐
撮影 芦澤明子
音響効果 黄永昌森永泰弘
音楽 NORIKIYOCherry BrownGEZAN割礼田中淳一郎
脚本 宮崎大祐
照明 小林誠
美術 高嶋悠
編集 平田竜馬
衣裳/スタイリスト 碓井章訓
ヘアメイク 宮村勇気
助監督 堀江貴大
製作主任 湯澤靖典
カラー・コンサルタント 広瀬亮一
キャスティング 細川久美子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 大和(カリフォルニア)