TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛しのアイリーン > レビュー

投稿レビュー(7件)愛しのアイリーンは星4つ

手作りのロザリオと般若心経 (投稿日:2018年11月3日)

復元能力なき過疎化。青息吐息の地縁神話。歪に肥大化した母性愛。困ったときの金権発動。婚姻名目の性欲処理契約。潜在的な異物排他の露見。フィリピン娘は異国の僻地で制度(公)と心情(私)の矛盾のはけ口となり、手作りの十字架を握りしめ一心に般若心経を唱える。

彼女が願った“浄化”をニッポンはかなえることができたのだろうか。

以前、日本の過疎地の農家に嫁いだフィリピンの花嫁たちのその後を追ったドキュメンタリーを見たことがある。ほとんどの嫁は子育てが終わった後、離婚して村を出て自活していたと記憶している。

原作のコミックは1995年の作だそうだ。2018年の現在、厚生労働省が実施している技能実習制度や外国人研修制度、外国人福祉士の学習支援制度も、一時的な労働力として彼らを使えばペイするが、移民として定住されると社会的コストが増加して割に合わないという前提にたっている。

公の制度と言いながら、発想は金で当面の労働力を確保し、その後の個人の意志や生活はなし崩しでウヤムヤにという点で、結果的にフィリピン妻たちが日本の家族制度から離反してしまった東南アジアの嫁探しツアーと発想は五十歩百歩だ。

母国に残した家族の幸福と、異国での自らの幸せを夢みたアイリーン(ナッツ・シトイ)が祈った“浄化”は、いまだかなっていないのだろう。そんなことを考えた。
»ガイドライン違反報告

投稿:ぱぴぷぺぽんしゅう

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

感動しました (投稿日:2018年10月6日)

衝撃的なシーンや、目をおおいたくなるシーン、人間の汚い部分もたくさん描かれていましたが、それと対比させるかのように、不器用だけど純粋な登場人物それぞれの愛し方や感情が描かれている作品で、とても感動しました。観て良かったです。 »ガイドライン違反報告

投稿:ゆき

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

メチャクチャだけど感動した! (投稿日:2018年9月29日)

 戦慄のラブ&バイオレンスと謳っていますが、下品なバイオレンスとある意味アダルトビデオが赤面するようなエロ台詞のオンパレードで、結構、疲れました。

 それでも、いやになることはなかったし、「人間の本音」という視点では、逆に納得するところも多かったです。

 しかも、それなのに、ラストは感動しちゃったりして・・・

 鑑賞後は、もしかしたら、日本のどこかで似たような話があったかも・・・と考えてしまうほど。

 メチャクチャだけど、物凄いラブストーリーでした。

 最後に、主人公の母親、ツルを演じた木野花の演技は必見です!!! »ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

狂気のビジュアル化 (投稿日:2018年9月23日)

昔スピリッツで連載してた、モテない男がフィリピーナを金で買って嫁にする漫画が原作。

木野花さん、安田顕の演技が、神がかってるというか、狂気にまみれているというか。

SEX & バイオレンス!
血みどろで、グロくて、エロだらけ。
作中、ヤスケンがあまりにエロ四文字を連呼するので、いたたまれなくなってしまいました。
が、原作漫画よりも、『変態仮面』で見せたヤスケンという俳優側にキャラを振って寄せた点はよかった。

デートムービーには向きません。
憎しみと愛と、追い詰められて正気を失う中で残る感情がテーマ。
あー、すごい映画だった。 »ガイドライン違反報告

投稿:コージィ

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

下品な映画 (投稿日:2018年9月19日)

社会問題、家族の愛を描いた漫画が原作の作品。
映画でもたしかにこのテーマはあるものも自分には正直下品な官能映画としか残らなかったです。
安田顕演じるいわおがとにかくクズすぎ、
多量の過激な下ネタ、それを大声で笑うおじさんのお客さん達でとにかく不快でした。
良かったと感じられるのは役者の熱演だけでした。 »ガイドライン違反報告

投稿:rugby19970918

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いい映画 (投稿日:2018年9月17日)

観終わると心が清々しく感動する。
原作をうまく再現しつつ映画オリジナルの演出で美味しく味付けされてその調和が面白い。 »ガイドライン違反報告

投稿:dokunaka

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

生々しい新潟 (投稿日:2018年8月1日)

国際結婚恋愛コメディなどとお気楽に鑑賞したら、とんでもない衝撃作でした。
描写がきついので見る人を選ぶ映画だと思いますが、その分、俳優さん達の演技が際立っているような気がしました。
主役3名の怪演は特に凄かったけど、出演者全員が好演だったと思います。
原作漫画があるそうだけど、軽く読んでみたい気持ちと、映画の衝撃度を考えて覚悟して読んだ方がいいのか…悩み中。
»ガイドライン違反報告

投稿:はむ

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛しのアイリーン > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る