映画-Movie Walker > 作品を探す > father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語

father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語の画像

戦火を逃れて日本に来たカンボジア難民を育て、現地に学校を建設したカトリック神父“ゴッちゃん”こと後藤文雄の半生を辿るドキュメンタリー。1929年、新潟県長岡市に生まれ、カトリック神父となった後藤は、やがてカンボジア難民の子どもたちと出会う。「勝手にふるえてろ」の古舘寛治が朗読を担当している。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2015年8月。86歳のカトリック神父・後藤文雄、愛称“ゴッちゃん”は、“これが最後の旅になるかもしれない”と言ってカンボジアへ旅立った。1929年、新潟県長岡市で浄土真宗の寺の息子として生まれた皇国少年は、いつしかカトリック神父となり、独身のまま14人の子どもを育て上げた。逃れられない戦禍、最愛の母との別れ、家族との軋轢や葛藤、思春期の初恋、そして人生の多くを費やすことになるカンボジア難民の子どもたちとの出会い……。その人生は、見えない何かに導かれるように紡がれていく。1981年、祖国の内乱や殺戮から逃れて日本にやって来たカンボジア難民の子どもを受け入れ、自ら育てるようになる。これをきっかけに始まったカンボジアでの学校作りは支援も広がり、今では19校に上る。その集大成となるカンボジアと故郷・長岡への旅。さらに、足かけ2年にわたる後藤の日常を追った映像を交えて、“ゴッちゃん”の半生を辿る。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 新日本映画社
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督(製作ボランティア代表) 渡辺孝
撮影 ボアーン・ロアト
音楽 半野喜弘
編集 松本哲夫
録音 折笠慶輔
朗読 古舘寛治
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語