TOP > 上映中の映画作品を探す > きばいやんせ!私

きばいやんせ!私の画像

「百円の恋」の監督・武正晴と脚本家・足立紳による、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台にした人間ドラマ。テレビアナウンサーの貴子は、命じられた南大隅町・御崎まつりの取材を嫌々ながら進めるうちに、伝統文化を守り抜こうとする人々の思いに動かされていく。きばいやんせとは、鹿児島弁で頑張ってという意味。将来を見失っていたアナウンサー・貴子を「友罪」の夏帆が演じ、相手役を「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の太賀が務める。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
8

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

テレビアナウンサーの貴子は、東京での競争や恋愛に疲れきり、将来を見失っていた。そんな中、幼い頃に過ごしたことのある本土最南端の町・鹿児島県肝属郡南大隅町の御崎まつりを取材するよう命じられる。渋々南大隅町に戻るが、力が入らず、おざなりの取材をしてしまう。しかし懸命に町を盛り上げようとしている役場の職員たちや、畜産業を守る同級生、御崎まつりを続けるために力を尽くす町の人々に触れるうちに、仕事との向き合い方や人間らしい生き方について考え始める貴子。自分自身を見つめ直した彼女は、いつしか、この町の文化を伝えたいという思いを抱いていく。

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 アイエス・フィールド
上映時間 116
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 武正晴
脚本 足立紳
プロデューサー 嶋田豪村田亮
エグゼクティブプロデューサー 高橋康夫
統括プロデューサー 嶋田豪
協力プロデューサー 鈴木政信星野晴美
撮影 西村博光
照明 常谷良男
録音 石寺健一
美術 野々垣聡
スタイリスト 浜井貴子
メイク 小沼みどり
編集 洲崎千恵子
音楽 山元淑稀
助監督 木ノ本豪
ラインプロデューサー 奥泰典

キャスト

児島貴子 夏帆
橋脇太郎 仲野太賀
下園洋平 岡山天音
田村 坂田聡
野田 眼鏡太郎
チャリ 宇野祥平
鏑木 鶴見辰吾
橋脇勝 徳井優
ユリ 愛華みれ
町長 榎木孝明
牛牧猛盛 伊吹吾郎

関連ニュース

桜木紫乃原作の直木賞受賞作「ホテルローヤル」が「全裸監督」武正晴監督で映画化決定!
桜木紫乃原作の直木賞受賞作「ホテルローヤル」が「全裸監督」武正晴監督で映画化決定!(2020年4月3日 08:00)

第149回直木賞を受賞し、累計発行部数85万部(電子書籍を含む)を超える桜木紫乃のベストセラー「ホテルローヤル」が実写映画化、2020年冬に公開されることが決定…

清楚な面影はどこにも無し!?夏帆が酒グセ、男グセ最悪の“ぶっ飛び女”に…
清楚な面影はどこにも無し!?夏帆が酒グセ、男グセ最悪の“ぶっ飛び女”に…(2019年3月10日 10:30)

俳優にはブレイクのきっかけとなる役柄でのイメージがつきまとうもの。『天然コケッコー』(07)で日本アカデミー賞新人賞を受賞し、羽ばたいた夏帆も、いまだに清純とい…

夏帆が「クソ女」を熱演!? 『百円の恋』コンビが手掛ける最新作から予告編が到着
夏帆が「クソ女」を熱演!? 『百円の恋』コンビが手掛ける最新作から予告編が到着(2019年2月7日 21:00)

『百円の恋』(14)で映画賞を総なめにした武正晴監督と脚本家・足立紳のゴールデンコンビが再びタッグを組み、主演に夏帆を迎えた最新作『きばいやんせ!私』から、予告…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > きばいやんせ!私