スティルライフオブメモリーズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スティルライフオブメモリーズ

2018年7月21日公開,107分
R18+
  • 上映館を探す

フランスの画家・写真家アンリ・マッケローニの写真集に想を得た「無伴奏」の矢崎仁司監督作。新進気鋭の写真家・春馬の写真展にキュレーターの怜が訪れる。その作品に心を奪われた怜は、何も訊かないこととネガを貰うことを条件に自分を撮ってほしいと春馬に切り出す。主人公の春馬を演じるのは、「ストロベリーショートケイクス」以来、矢崎監督と2度目のタッグとなる安藤政信。共演は「光と血」の永夏子、「蠱毒 ミートボールマシン」の松田リマ、「夢の女 ユメノヒト」の伊藤清美。音楽を「幼な子われらに生まれ」の田中拓人が担当。撮影は、矢崎監督のデビュー作「風たちの午後」以降、数々の矢崎作品を手がける石井勲。2018年3月10日、『第13回大阪アジアン映画祭』にてワールドプレミア上映。2018年3月17日、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』にて上映。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京のフォトギャラリーで新進気鋭の若手写真家・春馬(安藤政信)の写真展が開催される。たまたまギャラリーを訪れた山梨県立写真美術館のキュレーターである怜(永夏子)は、その写真に心を奪われる。翌日、何も訊かないこととネガを貰うことを条件に、自分を撮ってほしいと春馬に切り出す怜。突然の依頼に戸惑いながらも、アトリエが夕陽に包まれるなか、春馬は怜に向けてシャッターを切るのだった。撮影を通じて惹かれ合っていくふたり。そんな折、妊娠中の春馬の恋人・夏生(松田リマ)が怜の存在を知り、夏生は春馬と怜の創作作業に立ち入れない自分に歯がゆさを募らせていく。春馬と怜の撮影は続き、やがて男女3人の関係は衝撃的な結末に向かっていく……。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2018年
製作国
日本
配給
「スティルライフオブメモリーズ」製作委員会
上映時間
107分

[c]Plasir/Film Bandit [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?