映画-Movie Walker > 映画作品を探す > アリータ:バトル・エンジェル > レビュー

投稿レビュー(17件)アリータ:バトル・エンジェルは星4つ

★★★★☆ (投稿日:2019年12月7日)

原作は未読。
映像美は言う事なし。わざとマンガ調にした主人公も特に違和感なし。ただストーリーがちょっとしり切れとんぼなのは、続編ありきだからなのかな。
是非続きを観たいが、ジェームズ・キャメロンはアバター続編で忙しそうだし、当分先なのかな・・・ »ガイドライン違反報告

投稿:づーめ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

続きモンなんかーい (投稿日:2019年4月6日)

エンドロール後の映像:なし

☆☆☆☆☆5:観ましょう。
☆☆☆☆★4:観ても眠くならない。
☆☆☆★★3:ありふれている
☆☆★★★2:B級映画落ち
☆★★★★1:金返せ

SFの世界観がしっかり構築されていたのは良かった。

アリータは元は人間だったのか?
原作を知らないから不明点が多くて
映像だけを楽しんだ感じがしたのは惜しかった。

まだ続くのか・・・。
2部作か3部作で終わらせてもらいたい。

ここの所、多過ぎる。
そういう映画。(マンガやアニメもか)

ちゃんと物語をある程度の期間で
しっかり完結させてもらいたい。

利益を上げるためだけに
ストーリーを引き延ばしているのが垣間見えると
興醒め感がハンパないので。 »ガイドライン違反報告

投稿:すけ。

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

しっかりと統一された世界観に酔う。なお車酔いする人はぜひ2D版を。 (投稿日:2019年3月22日)

もともと一人の漫画家が造り上げた世界なので、世界観がすみずみまで統一されており、観ている側の不要なストレスがなく、楽しめました。
アバターのキャメロン監督が、原作に惚れて脚本を書いたということも、たしかにそうですね、と、実感できます。

かわいくて、カッコ良くて、アリータは造形として最高でした。

私は字幕+2Dで観ましたが、登場人物の発する英語がみんな極めて明快で分かりやすかったのでした。
この点は、この映画の隠れた美点だろうと思います。

脚本家や監督の力かも知れませんが、このように言語が研ぎ澄まされてクリアであることが、作品全体をも明晰にできている一つの原動力なのだろうと感じました。

もちろん吹替版で観てしまうと、この点は分からなくなるのですが……。 »ガイドライン違反報告

投稿:お水汲み当番

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

満足! (投稿日:2019年3月20日)

原作の見たいシーンを映像美にしてくれました。満足です。特にアリータの美しいサイボーグボディは他のサイボーグと対比され存在感を格別なものにしています。マシンの美麗な映像は他の映画では見られない。原作3話を纏めてあるので、なんで?というのもありますが、世界観は見たい所を実写化してくれました。アリータの瞳の大きさは、サイボーグ、人の身体では無いことの象徴。それでも彼女に惹き込まれるのは、映画を観ている人も成長するからと気づくはず。ただ一つ 何の為に戦う? だけが抜けていた。 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

引き込まれる圧倒的迫力。目覚めた少女の孤高な戦い!! (投稿日:2019年3月17日)

【賛否両論チェック】
賛:目を覚ました少女が次第に覚醒していく様が、ド迫力のアクションの数々で彩られ、観ていてハラハラさせられること請け合い。
否:設定そのものはかなり荒唐無稽で、ツッコみどころも多い。意外とグロいシーンが多いのも難点。

 荒廃した世界で助けられたサイボーグの少女が、否応なく戦いの運命に巻き込まれていくうちに、次第にその本当の力に目覚めていくという、言われてみれば確かに日本人好みの判官びいきなストーリーではあります。また、そんな彼女とヒューゴとの切ないロマンスの行方や、謎の男・ノヴァの登場等々、目が離せない要素が満載です。
 アクションも非常にカッコイイです。バーでの演説からの戦闘シーンやモーターボールのレースシーンは、CGを駆使しているとはいえ、まさに圧巻のド迫力なので、一見の価値ありです。
 思いのほかグロいシーンも多いので、苦手な人には向きませんが、新たな息吹を吹き込まれたSFコミックの壮大な世界観を、是非体感してみて下さい。 »ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

銃夢 (投稿日:2019年3月15日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

銃夢と言うコミックは最初の方読んだことが有って、最初何も知らずに予告を見た時、銃夢みたいだな‥と思いました。
そしたら、その通りだったのね。
最初の方は、可愛いサイボーグの女の子のハートフルなお話なんだけど、途中からどんどんバトルものになって来て、子供心にびっくりしたんだよね。

アリータだけじゃなくて、Dr.がイメージ通りだったなぁ。
雑多な地上の世界観がリアルです。

確かに、James Cameronが好きそうな世界観よね。でもコレ、続き作ろうとしているんだねぇ?余程気に入ったのね。アバターもまだなんだけどな‥ »ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

アリータが魅力的! (投稿日:2019年2月28日)

普段は純粋で好奇心旺盛な可愛いい少女なのに戦闘になると闘争心剥き出しになり完全にギャップ萌え。
物語もテンポよくアクションも見応え十分。
続編待ってます! »ガイドライン違反報告

投稿:Rugー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原作に縛られないで欲しかった (投稿日:2019年2月27日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

設定がいろいろオカシイ原作なので、変えてしまえば
ヨカッタのに、そのままで残念。
これだけの技術の未来に、飛行機も飛び道具も無い世界(規制しても破られるのが定め)に違和感。
究極の人型ロボ兵器なのに、可愛い外見とか意味不明。
出身がセクサロイドで、AIの自我とイドの改造技術で兵器に変貌とかにすればまだ自然。
で、トドメは続編ありきのエンディング。ザレムのラスボスのニヤケ顔・・ 非完結とは聞いてないよお。

ただ、主人公が100%CG映像という新しい時代の到来は見られたので、絵に対する満足度は高い。 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

アリータが可愛い (投稿日:2019年2月26日)

面白かった!アリータが可愛い。チョコをコリコリかじる仕草とかほんと愛らしい。構成もスピーディーで飽きなかった。ただスピード重視するあまりストーリーがぶつ切りな印象も。

2時間22分あったとは思えない。体感時間2時間だった。それだけに後30分プラスしてラスボスまでいって欲しかったなあ。 »ガイドライン違反報告

投稿:TAKE

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

この世界観にどっぷりと・・・ (投稿日:2019年2月23日)

とにかく映像がスゴイですね~。
目まぐるしいアクションシーンに
ぶっ飛んだ格闘シーン。
改めて思いました・・・何でも映像に出来るんですね。
最初はアリータがアニメ的に感じたけど
それも束の間、何の違和感もない実写の俳優との映像。
どこまでがCGで、どこまでが実写なのか。
この世界観にどっぷりハマっちゃいました。
豪華俳優陣の出演がこの作品をさらに格上げしています。
もちろん続編はあるんでしょう。
無いと困っちゃいますよ。。。

»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > アリータ:バトル・エンジェル > レビュー