映画-Movie Walker > 作品を探す > ROKUROKU

ROKUROKUの画像

『牙狼<GARO>』シリーズの生みの親・雨宮慶太が原作・総監督を務め、日本古来の妖怪と人間の戦いを描く。OLのイズミは中学時代の同級生・ミカとホテルのレストランで再会。2人の前に、赤い着物を着た首の長い女“ロクロク”が姿を現す……。出演は「東京ウインドオーケストラ」の中西美帆、『仮面ライダーフォーゼ』の志保、「絶狼<ZERO> ~BLACK BLOOD~」の野本かりあ。監督は「HiGH&LOW THE RED RAIN」の山口雄大

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

地味で真面目なOLのイズミ(中西美帆)はある日、中学時代の同級生・ミカ(志保)とホテルのレストランで再会。近々結婚することを聞かされる。そんな時、母からイズミに“祖父がいなくなった”と電話が入る。ひとまず家に帰ろうとしたものの、一向にホテルの出口が見つからない。“… ヤ……ク…ソ……ク…”。突然2人の目の前に666号室が現れ、赤い着物を着た首の長い女、恐ろしい顔をした“ロクロク”(野本かりあ)が待ち受けていた。その顔を見たミカは、子どもの頃、 ロクロクに告げた“子どもが出来たらあなたにあげる”という約束を思い出す。そしてイズミもまた、ロクロクと約束を交わしていた……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 キュー・テック
上映時間 91
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山口雄大
総監督 雨宮慶太
原作 雨宮慶太
脚本 梅田寿美子熊谷祐紀
撮影 富田伸二
衣装製作 石渡美穂
特殊メイク 中田彰輝
音楽 森野宣彦
美術 竹内正典
録音 山方浩
エグゼクティブプロデューサー 山脇隆徳
アクションコーディネーター こしげなみへい
キャスティング 山下葉子
助監督 伊藤良一
照明 田村文彦
VFXプロデューサー 鹿角剛
VE 高橋正信
アシスタントプロデューサー 山下葉子
制作担当 坂井茂樹
特殊造形 中田彰輝

レビュー

不思議で怪しい世界観。豪華なキャストと妖怪の共演!!

投稿者:門倉カド

(投稿日:2018/02/08)

【賛否両論チェック】 賛:本ストーリーにオムニバスで小話が…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ROKUROKU