映画-Movie Walker > 作品を探す > インクレディブル・ファミリー > レビュー

投稿レビュー(7件)インクレディブル・ファミリーは星4つ

「インクレディブル・ファミリー」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

前作から14年 (投稿日:8月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ヒーローも人間なので、普通に食事し、宿題をし、学校に行き、恋もするし、喧嘩もするし、子供は手に負えない。

特殊能力を持っていたら、埋もれないで、それを活かしたいと思うわよね。
個性だもの。

ヒーローとして活躍出来る事に喜びと使命感を感じながら、家族が心配なママ。
男性より女性の方がリアリストだ。
それは、あの兄妹にも表れていて、夢を見て純粋にかなえようとする兄と、自分の能力の活かし方と兄の単純さに不満を募らせる妹。
父親をあんな形で失った結果がこんなに違う。

ヒーローアニメ映画だけど、子どもだけが対象じゃないのはこういう人間性のリアルさよね。

それにしても前作から14年も経ったんだ。びっくり。

»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

14年ぶりの続編! (投稿日:8月12日)

 ピクサー作品の中でも大好きな「Mr.インクレディブル」。

 他の人気ピクサー作品は、次々と続編が作られる中、「この作品は難しいのかな・・・」と半分あきらめていましたが、続編ができるというので、もう公開が待ち遠しくてしょうがありませんでした。

 そしてついに鑑賞!

 ズバリ!期待を裏切らない面白さでした。

 今回は、母ヘレンこと「イラスティガール」を中心に、スーパーヒーローとして目覚めた家族のより強くなった絆が描かれていました。
 特に長女のヴァイオレットの成長は頼もしく、とてもかっこよかったです。また、ジャック・ジャックの活躍も期待どおりで、「大笑い」させていただきました。

 欲を言えば、「働く母親」の部分をもっと感動的に描いてほしかったです。

 とはいっても、14年ぶりの続編は誰が見ても面白い作品であることは事実です!»ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

吹替で観ました。 (投稿日:8月12日)

普段CGアニメ作品はほぼ観ないワタクシですが、これは気になってたのと、ちょうど良い時間にやってたので観ちゃいました。純粋に面白かったです!
エンドクレジットがおしゃれ。エンドクレジットの最後の方で流れる歌も素敵(笑)‬»ガイドライン違反報告

投稿:きゃらぷり

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

家族で観るなら1番のオススメ (投稿日:8月10日)

久しぶりの続編の登場だが、世界観は揺るがず、旧知の家族にあったように嬉しくなってしまう。
スピードも映像美も前作を上回り、何よりイラスティガールが惚れ惚れするかっこよさ。
ストーリーはほぼ予想通りで意外感はないが、それでもなおお釣りのくる楽しさ。
この夏、家族で観るなら1番のおすすめ。
それにしても、出てくるヒーローたちは、ちょっと変な奴らですよね。»ガイドライン違反報告

投稿:afternoonteabreak

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

前作を事前に鑑賞しておくことを推奨 (投稿日:8月8日)

なにせ13年ぶりの新作なので、前作の内容はうろ覚えのまま鑑賞。それでも十分楽しめたが、後追いで前作を観直して驚いた。冒頭の場面が前作のラストの場面から続いているとは気がつかなかった。それ以外にも前作とリンクしている場面が所々に。CG技術の進歩は感じられるものの、13年のブランクがあっても違和感を感じないのは、アニメーションだからこそできることだろう。やはり前作を事前に観ておく方がより楽しめると思う。

予告もCMも宣伝はジャックジャックを前面に出して、ボブ(Mr.インクレディブル)が家事育児に奮闘するストーリーがメインであるかのように勘違いさせている。実際に一部はそういう内容だし、キャラクターのインパクトはジャックジャックが一番だが、本作の主役は母親のヘレン(イラスティガール)だ。ヒーロー活動禁止の法律を変えるためにヒーロー活動を再開したイラスティガールが謎の敵スクリーンスレイヴァーと戦うというのがメインのストーリー。法に反するヒーロー活動に最初は乗り気でなかったへレンが次第に生き生きとしていく様子が印象的。ゴム人間の特性を生かしたアクションも格好良い。

女性の社会進出、男性の育児参加の問題であったり、ヒーローの必要性の是非が問われる部分であったり、大人が鑑賞しても十分堪えうる内容なので字幕版を扱う映画館がもっとあってもよいと感じる。個人的に声の吹き替えは問題ないのだが、文字の差し替えは許容できないからだ。日本語の文字が出てくるたびに世界観をぶち壊す強烈な違和感を感じてモヤモヤとした気分になる。
»ガイドライン違反報告

投稿:TUKUYOMI

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ヒーローは善か悪か (投稿日:8月5日)

ヒーローの活躍で生じた莫大な損害により、ヒーロー活動が禁じられ力を隠して生活するインクレディブルファミリーのママに、ヒーロー活動の依頼が舞い込むが…。
赤ちゃんのジャックジャックたち3人の子どもに振り回されるパパ。ヒーロー活動は善か悪か、ヒーローが認められる日は来るのか、様々な問題を解くために家族がひとつになっていく様子にハラハラドキドキしながら楽しめる。特にジャックジャックが可愛くて面白い。»ガイドライン違反報告

投稿:ローズ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

最強赤ちゃんにワクワク。絆を深めたヒーロー家族の大活躍!! (投稿日:8月4日)

【賛否両論チェック】
賛:可愛くてスゴすぎるジャック・ジャックのキャラクターが非常に魅力的。慣れない家事・育児や、親子のぶつかり合いを通して絆を深めていく一家の活躍に、観ていてハラハラドキドキさせられる。
否:前作の知識は、やはりあった方がイイ。物語自体はかなりのご都合主義で、ツッコみ出すとキリがない。

 前作のあらすじや登場人物なんかは一切説明してくれないので、やはり予備知識はあった方がよさそうです。
 まず何といっても、赤ん坊のジャック・ジャックのキャラクターがステキすぎます(笑)。キュートで可愛らしい見た目とは裏腹に、無限の可能性を秘めたスゴすぎる能力の数々に、観ていてワクワクさせられてしまいます。
 ストーリーのテーマは、まさに「家族の絆」です。ヘレンがヒーロー活動をしている間に家事に勤しむボブが、ジャック・ジャックの育児は勿論、反抗期真っ只中のヴァイオレットやヤンチャなダッシェルの世話に悪戦苦闘しながらも、少しずつ絆を深めていく姿に、頑張るお父さんの姿が投影されていて、思わず心が温かくなります。また、そんなボブと関わっていくうちに、少しずつ人間としても成長していくヴァイオレットやダッシェルも印象的です。
 勿論展開はかなりのご都合主義で、ツッコミどころも多々ありますが、情操教育にはピッタリな作品ですので、是非ご家族皆さんでご覧になってみて下さい。»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > インクレディブル・ファミリー > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る