映画-Movie Walker > 作品を探す > 彼の見つめる先に > レビュー

投稿レビュー(3件)彼の見つめる先には星3つ

「彼の見つめる先に」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

青春の経路 (投稿日:4月7日)

驚くのは盲目の青年が一般の高校に籍を置いているということ。通学や授業だって誰かを頼らないといけないのだが、レオが卑屈になるという姿勢はない。パチパチ点字を打って授業に参加。バリスタッ子だが、制服がTシャツかぁ。皆脚が長くてスタイル良いのに、ちょいダサさ。

思春期における恋愛(これが一筋いかない。)や将来の願望(この受け皿が意外にあった!)。メインは友情と恋愛の間である。本人は相手も見えず、フィーリングを鋭利に感じ取る。家族にも近いジョヴァンナは恋愛感情はないけれど損得なしに大事だし、ガブリエルに対し今までにない感情、目が見えないゆえ意思伝達するのもよりダイレクトじゃないとわからない。同姓だし本当に自分の気持ちが賭けになる。友情を失うか、わが心を貫くか。
結果的にやんややんやと丸く収まる。
学生という世界で守られているゆえ、社会に出てからがつらい。
青春も健常者と同等に歩むのは誰が文句を言う?当然の感情なのだから。大手を振って良い。»ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

優しい視線の青春映画 (投稿日:3月29日)

ブラジルの高校生の物語。盲目の少年レオと親友ジィとイケメン転校生ガブリエルとの、恋なのか友情なのかあやふやで初々しい恋模様を中心に、悪気はないんだけど上手く親や友人に節することが出来ない思春期の難しさと、自分の恋愛対象が異性なのか同性なのか自覚が出始めた不安定な心の変化を、とても優しい視線で丁寧に描かれていて素敵な作品だった。»ガイドライン違反報告

投稿:TAKE

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

I Don't Want to Go Back Alone (投稿日:3月15日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

「今日はひとりで帰りたくない(I Don't Want to Go Back Alone)」このフレーズが、もうね。
全てを表していて甘酸っぱくてたまらないの。

産まれながらの全盲。理不尽な目に会うことも有る。でも愛情をたっぷり受けて育っていて、臆することも無く生きている。
何たって、信頼できる親友がいるし。
思春期の悩みが、親の過干渉や、友情や、恋って言うのは、同じね。性別国籍身体特徴問わずに。

あぁ、ここで、相手の表情が見えたらね‥と、もどかしくは思う。相手もきっとそうだろうね。
目で、情報を得る事が出来ない分、言葉にしないといけないんだけど、とてつもなく言葉にし難い事柄。
ただでさえそうなのに。彼には特に。

親友がいて、恋を知って。中々に充実した羨ましい青春ですよ。

»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 彼の見つめる先に > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る