映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 > レビュー

投稿レビュー(2件)仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判は星3つ

グロさに注意。生きる意味を問う、大人向けライダー。 (投稿日:2018年5月27日)

【賛否両論チェック】
賛:自分の死を喜びだと信じて疑わないアマゾン達に対し、主人公が「生きる意味」を訴えていく姿に、命の価値について改めて考えさせられる。
否:予備知識がないと、割と全然分からないまま話が進んでしまいそう。肉体の損壊等、グロいシーンがメチャメチャ多いので、小さい子や苦手な人の鑑賞には不向き。

 特に何も説明はしてくれないので、予備知識は必須です。途中からも色々な登場人物が出てくるので、知らずに観ると何が何だか分からずに終わってしまう感があります。
 この作品の特徴は、一応「仮面ライダー」とは付いていますが、良くも悪くも全く子供向きではない点です。戦闘シーンも血しぶきが大量に出ますし、腕なんかは普通に飛んだりします。レーティングこそないですが、かなりグロいシーンが多いので、苦手な人は全く観られないと思います。
 そんな本作で描かれているのは、まさに「生きることの意味」そのもの。人間のために生まれてきて、そのために死ぬのが使命で幸せなことだと信じて疑わないアマゾン達に対し、始めは返す言葉がなかった主人公が、彼らに「自分のために生きることの本当の意味」をどう伝えていくのか。その辺りの葛藤や、彼らを待ち受ける過酷な運命に、ハラハラさせられます。
 何はともあれ、完全に大人向けのファン向け作品ですので、その辺りはご注意下さい。 »ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:2
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

たくさんに人に見て頂きたいです。 (投稿日:2018年5月20日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ヒーローものではバットマンのダークナイトシリーズが最高だと思っている者です。
賛否両論ありましょうが、仮面ライダーシリーズの爽快感を捨ててまでストーリー性を追求しているところはとても自分好みではあります。
ただグロテスクで過激な表現だから大人向けというのではなく、重いテーマをきちんと持たせて最後まで描ききっていると感じます。
映像がどうだとか、予算やマーケットの問題はさておいて
作品として今やっているアベンジャーズを初めとする
ほとんどのアメコミヒーローものをついに超えてきたなと
感じます。(自分では。)
例えば、バットマンとスーパマンが対立する物語でヒーロー同士でありながら対立するしかなかったというテーゼをきちんと回収する形で物語を終えたかといったところです。

この作品の恐ろしいところは対立する主人公、水澤悠と鷹山仁の両方に共感を得てしまうところではないでしょうか。
お互いが持っている正義感の在り様に今時の作品にある様な難解さなど微塵も無く、シンプルで美くしいと感じるが故に、結局は対立しなければならないところに、人間の性や限界を感じてしまって悲しい気持ちにもなります。

鷹山は目的を完遂することなく「これでいいんだよな・・・」と言って死んでいきます。
対立構造に出口が無い以上、どちらかが死ぬというエンディング以外はあり得なかったでしょう。
セリフを一語一句正確には覚えていませんが、「何度やっても慣れることは無い。」「(アマゾン達のことを)俺の子供達だからな」とも言っています。
マッドな感じですべて振り切って行動している様に見えて、
実は深い迷いや葛藤があったことを感じさせるシーンです。

水澤の方はもっとシンプルです。その時その時でこちら側とあちら側を切り分けているとも言えますが、相手が極悪人であろうと人間なら守るという鷹山よりはある意味理解しやすいのかもしれません。

この作品、1シーズンから映画版最終章まで日本ヒーローものの最高峰と絶賛しますが、最後に本映画版の重箱の隅を少しだけ。

食料政策としての考え方としてはともかく、生理的な欲望の在り方に違いはあってもほとんど人間と変わりのないアマゾンたちを、じゃあアマゾンを食料として食ってみようかって気になりますかね。
アマゾン牧場にアマゾンを食べに来た人達、かなりサイコで普通じゃないですよね。
アマゾンズのテーマの一つである人間も結局のところ他の命の犠牲のもとで生きているという事を描く上でのことでしょうが、この描き方は少し不自然に感じて引っかかりますね。

もう一つ、水澤悠が最後の最後に食人(相手がアマゾンとはいえ、水澤にとっては人間と同等)をしてしまったかの様なシーンがあります。

物語の中で少女のアマゾンにそう望まれたからとかではなく、ストーリーを考えた人がどうしてこのシーンを入れたのでしょうか。
水澤がアマゾンとしての原罪を犯さずにストーリーを終える事にリアリティーが無いと判断したのか。
 やはり、人間を殺すという自らのタブーを最後の最後に破った鷹山に「お互いにざまあ無いな。」と言わせるためだったのか。

主人公である水澤は最後まで人を食わないアマゾンで良かった様な感じが自分はするのですが、製作者の意図がわかる方、ご教授頂けると有難いです。

»ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 > レビュー