映画-Movie Walker > 作品を探す > デュバリイは貴婦人

ブロードウェイでヒットした同名のミュージカルを、音楽映画専門のアーサア・フリイド「踊る海賊(1948)」が製作映画化したもので、レッド・スケルトンの出世作として知られる。原作はB・G・デシルヴァとハーバアト・フィールズ「アニーよ銃をとれ」、これを「泣き笑い人生」のアーヴィング・ブレッチャアが映画様に脚色、「テレヴィジョンの王様」のロイ・デル・ルースが監督に当った。音楽は原舞台そのままコール・ポーターの作詞作曲を中心にしている。撮影は「風車の秘密」のカール・フロイント、ダンス監督は「イースター・パレード」の監督チャールズ・ウォルタアズが担当する。「運ちゃん武勇伝」のスケルトン以下「腰抜け顔役」のルシル・ボール、「踊る大紐育」のジーン・ケリー、「マルクス兄弟 デパート騒動」のヴァジニア・オヴライエン、「幽霊は臆病者」のラグス・ラグランドらのほか、トミイ・ドーシイがそのバンドを率いて出演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ナイト・クラブ「プチィット」の花形メイ・デリイ(ルシル・ボール)は、同僚の2枚目歌手アレック(ジーン・ケリー)と、クロークのルイ(レッド・スケルトン)から想いを寄せられていた。彼女はアレックの愛を感じながらも、夫となる男は百万長者でなければならぬと、彼の申し込みをはねつけていたが、ある日ルイが富クジに当って彼女に申し込んだことから、愛もなく彼の金と結婚することを承諾した。驚いたアレックは2人の仲を割こうとしたが、それを止めるため彼に一服盛ろうとルイは逆に眠り薬をのまされてしまい――そしてルイは夢の中でルイ15世になっている自分を発見した。彼は寵姫デュバリイを別荘に訪ねると、これがメイで、王に接吻を許さない。そこへ現れた革命党の指導者ブラック・アロウ(実はアレック)は王を脅かして逃亡した。その夜党の隠れ家に彼を訪れたデュバリイはすっかり彼に惚れ込んでしまったが、群衆と衛兵の間に激戦が起こり、ブラック・アロウはついに捕らえられた。翌日彼の死刑が執行されることになり、デュバリイは王に助命を乞うて、王も仕方なくこれを許したが、総理大臣がそれはならぬと王に白刄をつきつけた時――ルイはやっと目が覚めた。この夢で、愛は金で買えぬことを悟ったルイは、メイをアレックにゆずろうと1万ドルを引き出ものに出しかけたが、たちまち税務署にふんだくられ、そしてまた元の無一文に帰った彼らは、すべてまことの愛に生きるのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Du Barry Was a Lady
製作年 1943年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Louis_Blore and King_Louis レッド・スケルトン
May_Daly and Mme.DuBarry ルシル・ボール
Alec_Howe and Black_Arrow ジーン・ケリー
Ginny ヴァージニア・オブライエン
Charlie_Dauphin ラグ・ラグランド
Rami the Swami and Taliostra ゼロ・モステル
Mr.Tones and Duc_de_Rigor ダグラス・ダンブリル
Cheezy and Count_de_Roquefort ジョージ・ジヴォー
Niagara ルイス・ビーヴァース
Niagara トミー・ドーシイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > デュバリイは貴婦人