走れ!T校バスケット部|MOVIE WALKER PRESS
MENU

走れ!T校バスケット部

2018年11月3日公開,115分
  • 上映館を探す

連戦連敗だった高校の弱小バスケチームが、強豪校からの転校生の加入で変わっていくさまを描く、実話を基にした青春ストーリー。志尊淳、佐野勇斗、佐藤寛太ら期待の若手俳優たちがバスケ部員を演じ、元日本代表による特訓を受けて挑んだ迫力あるバスケシーンを披露する。人気ボーカルグループ、GReeeeNが主題歌を担当する。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

T校のバスケット部は連戦連敗の弱小チーム。そんなT校にバスケの強豪、白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していた陽一が転校してくる。陽一は親友をイジメから助けたことで自らも標的となり、バスケを辞めていた。勉強に専念しようとするが、バスケのことが忘れられず、新しい仲間との出会いもあり、陽一はバスケの楽しさを再確認するようになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
115分

[c]2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • 門倉カド

    5
    2018/11/17

    【賛否両論チェック】
    賛:誰も信じられなくなり、殻にこもっていた主人公が、T校の個性的なバスケ部のメンバー達との青春を通して、再び仲間を信じられるようになっていく姿が、感動を誘う。予定調和の中にも意外性があるのも楽しい。
    否:特に後半はかなり都合よく話が進むので、予定調和感が結構強い。

     陰湿ないじめに遭い、大好きだったはずのバスケを辞めてしまった陽一。誰も信じられずに閉ざしてしまった彼の心を、まさに体当たりで溶かしていった、T校バスケ部の個性豊かな面々。決してうわべだけではなく、陽一の過去を一緒に背負ってくれたり、メンバー同士の良くないところは本気になって怒ったり。そんな本当の絆に、陽一が少しずつ「仲間を信じる」という気持ちを取り戻していく姿に、胸が熱くなります。
     ストーリーも予定調和ではありますが、とっても痛快です。あまり言うとネタバレになってしまいますが、意外な人物が非常に重要なキーマンになっていますので、是非注目してみて下さい(笑)。
     モーガンが言った「trust」という言葉、その本当の意味を教えてくれるような、そんなステキな青春ドラマです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告