映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 聖なるもの

聖なるものの画像

長編デビュー作「花に嵐」がPFFアワード準グランプリを受賞するなど注目を集める岩切一空の第2作。大学の映画研究会に所属する岩切は、4年に一度現れる“怪談の少女”の話を耳にする。その少女を主演に撮った映画は、必ず傑作になるというのだが……。出演は「雨粒の小さな歴史」の南実櫻、「イノセント15」の小川紗良

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大学の映画研究会に所属しながら、一本の映画も撮れないまま三年生になった岩切(岩切一空)は、先輩の橘(縣豪紀)が撮る新作の主演女優を探していたある日、同じく先輩の舞(半田美樹)から、4年に一度現れるという“新歓の怪談”を聞く。それは、“新歓合宿時に、黒くて長い髪、大きな目、透き通るような白い肌を持つ少女を見た者は、衝動的に映画を撮りたくなり、唯一、彼女に選ばれ、彼女を被写体に撮った映画は必ず大傑作になる”というものだった。だが、そこにはルールがあった。それは、“彼女のために脚本を書くこと”、“何があっても撮影を止めないこと”。さらにこの他、まだ誰も知らない三つ目のルールも存在するという。そして迎えた新歓合宿当日。岩切の目の前に現れる“怪談の少女”(南実櫻)。思わず“僕の映画に出てくれませんか?”と声を掛けてしまう。名乗らない彼女を、マンガから引用して“南”と名付ける岩切。こうして、自身の工房で特撮映画を準備していた優秀な後輩・小川(小川紗良)も巻き込み、“外の世界に憧れる少女の物語”の撮影が開始される。だが、あまりにシュールな設定や有り得ないセリフ回しなどについていけず、クルーたちは次第に違和感を覚え始める。それでも、何かに取りつかれたように撮影を続ける岩切。そしてその異変は、疑問を感じていた小川にも表れるようになり……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 岩切一空
脚本 岩切一空
撮影 岩切一空安田瑛己
編集 岩切一空
ボンジュール鈴木
音楽 有泉慧
録音 浅井隆
企画 直井卓俊
照明 佐久間周平
美術 ほんだなお
メイク ほんだなお
衣裳/スタイリスト 小宮山芽以
特撮監督 前畠慎悟
特撮助監督 小杉啓人
主題曲 ボンジュール鈴木
助監督 笹沼未冬
スチール 萩原楽太郎

キャスト

岩切 岩切一空
南美櫻
小川 小川紗良
平田 山元駿
橘先輩 縣豪紀
南が街で出会う少女 希代彩
舞先輩 半田美樹
莉奈 佐保明梨
青山 青山ひかる
松本 松本まりか

関連ニュース

インディーズ映画の新たな登竜門「MOOSIC LAB」が今年もアツい!今泉力哉の初代グランプリ作品も上映
インディーズ映画の新たな登竜門「MOOSIC LAB」が今年もアツい!今泉力哉の初代グランプリ作品も上映(2018年10月2日 18:00)

2012年に「時代を打ち鳴らす、映画×音楽の祭典」としてスタートし、これまで数多くの若手監督や若手俳優を輩出してきた「MOOSIC LAB」が今年も開催。このた…

「あの子は誰?」と小悪魔的なかわいさが話題を呼んだ“松本まりか”が気になる!
「あの子は誰?」と小悪魔的なかわいさが話題を呼んだ“松本まりか”が気になる!(2018年4月18日 18:15)

テレビドラマ「ホリデイラブ」で仲里依紗演じるヒロインの夫の浮気相手を演じ、そのあざといまでのかわいさが話題を呼んだ女優・松本まりか。現在公開中の『聖なるもの』で…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 聖なるもの