映画-Movie Walker > 作品を探す > 名前

予告編動画を見る 名前の画像

直木賞作家・道尾秀介が映画のために書き下ろしたオリジナル原案を基に「ねこにみかん」の戸田彬弘監督が映画化。名前を偽り、体裁を保ちながら自堕落に生きてきた中村正男。ある日、彼を“お父さん”と呼ぶ女子高生・葉山笑子が現れ、親子のような生活が始まる。出演は「アウトレイジ 最終章」の津田寛治、「心に吹く風」の駒井蓮、「淵に立つ」の筒井真理子、「MATSUMOTO TRIBE」の松本穂香、「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」の勧修寺保都。脚本を「つむぐもの」の守口悠介、撮影を「淵に立つ」の根岸憲一、音楽を「トイレのピエタ」の茂野雅道が務める。2018年3月18日、『第13回大阪アジアン映画祭』にて特別招待作品部門のクロージング作品としてワールドプレミア上映。2018年6月16日よりイオンシネマ守谷にて先行公開。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男(津田寛治)は、様々な他人の名前を偽って使い、体裁を保ちながら自堕落な毎日を送っていた。そんなある日、素性がバレそうになり窮地に陥っていた正男のもとへ、彼を“お父さん”と呼ぶ女子高生・葉山笑子(駒井蓮)が現れる。笑子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に束の間の平穏を見出す正男。だが、笑子がある事情から正男のことを生き別れた父親だと思っていることに気づき、正男は自分の消してきた過去のことを考え始める。実は、正男には死産した娘がいたのだった。やがて、心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も演劇部で主演のひとりに抜擢され、少しずつ変化を見せ始める……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 114
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 戸田彬弘
プロデューサー 前信介
原案 道尾秀介
脚本 守口悠介
撮影 根岸憲一
音楽 茂野雅道
企画協力 狩野善則
製作統括 井川楊枝
主題歌 DEN
編集 戸田彬弘
録音 鈴木健太郎
スチール 北島元朗
音響効果 國分玲
ヘアメイク 堀奈津子
助監督 平波亘
衣装 博多屋あい
MA 吉方淳二
アシスタントプロデューサー 雨無麻友子
制作担当 森田博之

関連ニュース

演技派だけど実は天然!?名バイプレーヤー津田寛治のアツすぎる映画愛にシビれる
演技派だけど実は天然!?名バイプレーヤー津田寛治のアツすぎる映画愛にシビれる(2018年6月29日 20:00)

名バイプレーヤーとして活躍し、現在公開中の『空飛ぶタイヤ』でも高橋一生演扮する銀行マンの支えとなる上司役で出演している津田寛治。その一方でミニシアター系映画にも…

「この世界の片隅に」主演でブレイク必至の松本穂香「役のイメージを固めたくない」
「この世界の片隅に」主演でブレイク必至の松本穂香「役のイメージを固めたくない」(2018年6月20日 11:30)

「意識高すぎ!高杉くん」のフレーズでおなじみのauのCMで「あの子は誰!?」とネットを中心に話題を集め、7月からスタートするTVドラマ・日曜劇場「この世界の片隅…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 名前

ムービーウォーカー 上へ戻る