映画-Movie Walker > 作品を探す > ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 > レビュー

投稿レビュー(16件)ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生は星4つ

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

スケールアップのオトナの魔法 (投稿日:12月12日)

ハリーポッターシリーズの前日譚であるが、スケールはさらに大きく、前作のニューヨークに続き今回はパリが主な舞台に。
不気味に存在感のあるグリンデルバルド(演;デップ)の台頭が、ときに激しく、ときにひたひたと描かれ、恐怖感をあおる。しかも、人間の世界への失望(つまりは史実としての世界大戦への予感)が妙な説得力を与え、彼の信奉者の増大に納得感をもたらす。
全体に前作のようなユーモアはなりを潜め、シリアスで大人向きのファンタジーで、登場人物の関係性も込み入っているので、初期ハリーシリーズを愛する子供達(そして大人達)には不評かもしれない。
とはいえ、力強い展開はパワーも落ちていないし、必ず第3作を見なければ、と思わせる盛り上がりにも唸らされる。
おそらくは、自作はダンブルドア(演;ロウ)を巡る物語になるのではないか。願わくは、可愛らしい、ときに傍迷惑なビースト達にも活躍をみせてほしいところ。
見て損はないが、必ず前作を復習しておいた方がいいだろう。»ガイドライン違反報告

投稿:afternoonteabreak

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

予備知識は不可欠。圧巻の魔法ワールド・第2章!! (投稿日:12月8日)

【賛否両論チェック】
賛:グリンデルバルドの野望が、様々な登場人物達を通して多角的に浸透していく様に、思わずハラハラさせられてしまう。ニュートを始めとする魔法使い達のアクションも、圧倒的なスケールで描かれていくので、必見。
否:前作の知識は必須。登場人物が多く、関係も非常に複雑なので、1度観ただけではよく分からないのが正直なところ。

 前作や「ハリー・ポッター」シリーズにまつわる人物や固有名詞が沢山出てくるので、知っていれば知っているほど楽しめること請け合いです。という以上に、登場人物が多くてそれぞれの関係性も複雑なので、最低限前作の知識がないと、何となく訳が分からないまま話が進んでしまいます。その辺りはシリーズを通しての世界観への好き嫌いで、評価が分かれそうなところです。
 今回はいよいよ強敵・グリンデルバルドがその本性を現し、魔法界を混沌の渦へと引きずり込んでいく過程が、様々な登場人物達の因縁を通して多角的に描かれていくのが、非常に印象的です。アクションの描写もかなりスゴいので、観ていて思わず息を飲んでしまいます。その分、小さい子なんかには怖そうなシーンが、結構多かったりもします。
 どうせご覧になるのであれば、しっかりと前作までを復習してから臨みたい、そんな作品であることは間違いありませんね。
»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

繰り返しの物語 (投稿日:12月5日)

魔法動物学者ニューとは、ホグワーツ校長のダンブルドアに逃げ出した黒い魔法使いと対決するように依頼される。
いろんな魔法動物が出てくるのはかわいいが、内容自体はハリー・ポッターの焼き直しみたいで進歩がない。もうネタがないような気がする。»ガイドライン違反報告

投稿:ローズ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

メインをしのぐ勢力 (投稿日:12月2日)

今回の目玉はJ.デップでしょう。髪に眉に睫毛までプラチナブロンドに染め上げ、彼のお得意な変身だ。

完全に続編でしょう、今回のstory。空気をかきまぜる役が多く、ニュート主役のわりに存在感薄し(悲)。

E.レッドメインやJ.ロウも来日したそうだが、大した報道がされていないなぁ。ハリー・ポッターシリーズの方がずっと盛り上がっていた気がする。
そして昨今、ハリウッド映画にチャイナマネーが食い込み、冒頭やエンドロールにおける記載があったり、ロゴがバーンと出て、出資しているから仕方ないが、目に余る。こちらはどうなのでしょう?というのも中国産ズーウーはまるで中国を体現しているかのように派手で豪快に映像に収まっている。シーンも多い。韓国はきちんと韓国の女優が重要キャラで出演。(菊池凛子あたりにやっていただきたかった)一方、日本。河童ですよ、誰、これに目をつけたの?すごく地味だし、何なの。抹消してほしい。

今回、そしておそらく続編でもダンブルドアやグリンデルバルド(名前覚えられん)がメインになりそう。そしてwow、E.ミラー!マーベル参加も驚いたがここにもかなりの重要キャラとして配置。インディーズ映画がメインで華奢な感じだったが、メガmovieに、ガタイも骨太になっている。ミステリアスな彼が良いのですが。(先月コミコンゲスト、映画来日よりめちゃくちゃ楽しそう、そして東京国際映画祭より来日ゲスト豪華)

とりあえずCG多用。グリンデルバルドの野望とは?やはりニュート、そっちのけだわ。»ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

1作目より印象が・・・ (投稿日:11月30日)

ファンタビ第2弾ってことで、
1作目が楽しかったので、期待ワクワクでした。
これからどんどんシリーズが続いていく
中継ぎの作品って感じでした。
1作目よりも楽しいシーンが少なくなっていて
どちらかというと、暗い印象の作品となってました。
登場人物もじゃんじゃん出てくるので
1作目を見直しておいた方が良かったかも。
また、ハリポタシリーズとの関連が強いので
ハリポタシリーズを途中で断念した者としては
少し置いてきぼり感が出てしまった。
魔法生物が暴れまくるシーンは圧巻でした。»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

面白かったけど… (投稿日:11月28日)

面白かったけど、いかにも「つづく」って感じで、なんだかなあ。。
何作まであるんだろう。続き物って途中で飽きちゃうんだよね。ハリーポッターも最後まで観なかったし。
まあこの映画、ストーリー云々より、個人的には、迫力満点の映像と可愛い魔法動物たち、あとはなんといってもエディ・レッドメインの魅力が見処かなと思う。
次回で完結希望(笑)»ガイドライン違反報告

投稿:Sibyl

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

次回作まで待とう (投稿日:11月26日)

2時間を超えるけれど退屈しない。次から次へと場面が展開する。
ホグワーツの場面が出てくるのがちょっぴりうれしい。»ガイドライン違反報告

投稿:パライバ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

早く次が観たい! (投稿日:11月25日)

ジャパンプレミア試写会で観て来ました!
もう…もう…気持ちの処理が追いつかない…えっ待って…えっえっえっ…ちょっ…待って…待って…ちょっと…そお来るの?待って…やだやだ…次作までいったいどうすれば…?((((;゚Д゚)))))))
…な感じでした。ふー。

とにかくニフラーが可愛いのとダンブルドアが男前なことは確かです!»ガイドライン違反報告

投稿:きゃらぷり

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「次回に続く」で、もやもやした (投稿日:11月24日)

次回に続くって事で、内容的にはあまり語るところはなし。ほんとに前振り回というか、中継ぎ回というか。

前作のキャラの説明が一切なく、本作が最初って客を振り切って捨ててる感もあり「ご存知の方のみ」という、脚本もどうかと。
誰だっけあれ?と思い出すのが大変でした。

作者が自分の作った設定に酔ってるというか。
キャラを決めた筋に乗せてるだけでドラマがないというか。
キャラの感情独白だけで満足してるというか。
本来の主人公・ニュートもビーストたちも、取ってつけたような活動しかしておらず、事件は解決しない。
今回の主役は完全に悪役・グリンデルバルド 。
そもそもグリンデルバルド は、ポッターの第7作『死の秘宝 PART1』に登場した時、過去に何があったか映画では断片を(原作では詳細を)語ってしまっていて、シリーズを追ってる人には周知の内容だし。
あのポッターのエピソードに繋げるためには、ニュート & ダンブルドアはどんなに不利になっても結局は負けないってことだから、緊張感に乏しくなってしまう。
『不死鳥の騎士団』や『死の秘宝 PART1』みたいな、すっきりしないもやもやで終わるし。

とりあえず、IMAX3Dの場合、上下につけた黒帯フレームに、魔法の効果である光や煙、魔法動物が飛び出す効果が視覚的に楽しいので、劇場まで観に行った甲斐はありました。»ガイドライン違反報告

投稿:コージィ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

見事な世界観 (投稿日:11月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

この作品は、終盤かなりダークだったハリーポッターシリーズより更に子供向けじゃないので、ハリポタ同世代の大人になった人たちは良いけど、小さなお子様にはお勧めしない。
魔法動物は出て来るけど、それ以外の大人の機微は伝わらないと思うわ。
猫じゃらしにやられちゃうズーウー可愛い♪し、お馴染みの子たちも出てるけど。
キャストの顔ぶれも、ちょっと薹が立った女性陣を対象にしている気がする。
Ezra Millerは別かもだけど。

ハリポタファンには嬉しい、懐かしいホグワーツや、若きダンブルドア、マクゴナガル先生も出て来るし、あちこちで活躍する僕妖精の本来の能力と仕事ぶりが見られるし、楽しい。

私は一番大好きなクイーニー嬢が、終始哀しんでいるのが辛かったわ。
するりと魔法世界に入る方法とか、移動手段とか、ワクワクする要素は沢山です。
本当に、相変わらず見事な世界観です。
»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る