TOP > 上映中の映画作品を探す > トロン

コンピューター内での権力闘争を、コンピューター・グラフィックスを駆使したアニメと実写フィルムを織りまぜて描く。コンピューター・グラフィックスはTVコマーシャルや映画の一部(例えばマイクル・クライトン監督のLookerに使われたことはあるが、これほど全面的に使われたのは初めてのこと。監督・脚本は80年に動物のオリンピックを描くアニメ『アニマリンピック』(日本未公開)を演出したスティーブン・リズバーガー。彼と製作のドナルド・クーシュナーがこの作品のアイディアをディズニー・プロに持ち込んで、製作が進行した。製作指揮はディズニー・プロ社長のロン・ミラー、撮影はブルース・ローガン、音楽はウェンディ・カーロスが担当。主題歌をジャーニーが歌っている。メカニック・デザインをシド・ミード、衣裳デザインをジャン・メビウス・ジロー、背景デザインをピーター・ロイドが手掛けている。特殊効果監修はリチャード・テイラーハリソン・エレンショウ。アニメのぺインティングには台湾のアニメーターが参加している。出演はジェフ・ブリッジスブルース・ボックスライトナーデイヴィッド・ワーナーシンディ・モーガンバーナード・ヒューズなど。

2/5
総評価数 16
レビュー 1
投票 15
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (7)
星2つ 0% (3)
星1つ 25% (2)
見たい映画に
登録した人
18

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ENCOMは米国防総省にも通じる巨大なネットワークを持ったコンピューター会社だ。デリンジャー社長(デイヴィッド・ワーナー)の独断専行に、エンジニアのアラン(ブルース・ボックスライトナー)は反発する。同僚のローラ(シンディ・モーガン)とともにアランは、フリン(ジェフ・ブリッジス)の経営するゲーム・センターをたずねる。フリンは将来を嘱望された天才エンジニアだったが、その有能さを恐れたデリンジャーに首にされ会社を追い出されたのだった。「デリンジャーが好き勝手にプログラムを作り変えており、トロンというプログラムを使って、デリンジャーのマスター・コントロール・プログラム(MCP)を監視しようとしたが、うまくいかない」とアランはフリンに語る。フリンはアラン、ローラと一緒にENCOMに忍びこむ。フリンが端末機にすわり、コンピューターを作動させようとした時、レーザー光線が彼に照射された。朦朧とした意識の中で目覚めたフリンは、自分がコンピューター世界にとばされたことに気付く。フリンはコンピューター戦士のトロン(ブルース・ボックスライトナー)に出会い、彼から「コンピューター内にあるMCPによって、すべてのプログラムが支配され、その執行官がサーク(デイヴィッド・ワーナー)であること」を聞かされる。トロン、フリン、そしてもう1人の囚人ラム(ダン・ショア)ともに電子闘技場に連れ出された。3人は敵方の闘士3人とともに生命を賭けたライト・サイクル・ゲームをやらされる。3人はゲームの途中で逃げ出し、サーク配下の戦士との壮烈な戦いが展開された。フリンらはその戦いに勝ちを収めた。再びフリンは人間世界にもどり、デリンジャーは失脚する。

作品データ

原題 Tron
製作年 1982年
製作国 アメリカ
配給 東宝
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

ジャレッド・レト主演『トロン3』が始動?誤爆されたタイトルは『TRON:ARES』
ジャレッド・レト主演『トロン3』が始動?誤爆されたタイトルは『TRON:ARES』(2020年8月12日 18:30)

『スーサイド・スクワッド』(16)でジョーカー役を演じ、スパイダーマンの宿敵を主人公にした『モービウス』(公開日未定)では主演を務めるジャレッド・レトが、カルト…

『トロン:レガシー』続編の可能性を監督が示唆!「話し合いは、常に持たれています」
『トロン:レガシー』続編の可能性を監督が示唆!「話し合いは、常に持たれています」(2020年4月14日 20:47)

1982年当時、世界で初めて全面的にCGを導入し話題を集めたSF映画の名作『トロン』。2010年には28年ぶりの続編が『トロン:レガシー』として公開されるなど、…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > トロン