TOP > 映画作品を探す > 廻り神楽

三陸で340年以上続く国指定重要無形民俗文化財・廻り神楽のドキュメンタリー。黒森神社の神霊を移した権現様を携えて集落を廻り、家の庭先で悪魔払いや火伏せの祈祷を行う廻り神楽。東日本大震災後、深い傷を受けた海辺の人々を慰めようと巡行を再開する。共同監督は、第14回地域映像コンクール奨励賞受賞作「落合西光寺双盤念仏」の遠藤協、「馬と人間」の大澤未来

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

廻り神楽は、正月になると黒森神社の神霊を移した権現様(獅子頭)を携えて集落を廻り、家の庭先で悪魔払いや火伏せの祈祷を行い、夜は宿となった民家の座敷で夜神楽を演じ、人々を楽しませる国指定重要無形民俗文化財である。北は久慈から南は釜石まで、岩手県三陸沿岸の150kmにおよぶ地域を340年以上巡り続ける廻り神楽を、海とともに生きる三陸の人々は家に迎え入れ、海の安全、大漁祈願、家族の安寧の祈りを託す。東日本大震災の津波から間一髪逃れた神楽衆は、深い傷を受けた海辺の人々を慰めようと巡行を再開する。亡き人の魂を慰め、生者を元気づける祈りの舞は春の先触れとなり、人々は長い冬の終わりを感じとる。繰り返し津波が襲って来たこの地で、神楽衆は何百年ものあいだ自然と人々の間を取り結ぶ役目を果たし、ザシキワラシやオシラサマ、神々や精霊が今も息づく豊かな三陸の海辺で、“海の遠野物語”が誕生した。

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 ヴィジュアルフォークロア
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 遠藤協大澤未来
プロデューサー 遠藤協
構成 北村皆雄遠藤協
撮影 明石太郎戸谷健吾古館裕三
照明 工藤和雄
録音 齋藤恒夫
音響効果 齋藤恒夫森永泰弘
整音 飯森雅允
編集 田中藍子
EP 三浦庸子北村皆雄
ナレーション 一城みゆ希森田美樹子
スチール 井田裕基
題字 杉浦康平新保韻香

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 廻り神楽