映画-Movie Walker > 作品を探す > BPM ビート・パー・ミニット

予告編動画を見る BPM ビート・パー・ミニットの画像

第70回カンヌ国際映画祭グランプリ、国際批評家連盟賞他に輝いた青春ドラマ。1990年代初頭、カリスマ的リーダーのショーン、彼に恋するナタンら活動団体ACT UP-Parisのメンバーたちは、HIV/エイズへの偏見や無理解と命を燃やして闘う。監督は「イースタン・ボーイズ」のロバン・カンピヨ。ACT UPで活動していた監督が、自らの体験を基に限りある生を謳歌しようとする若者たちの姿を、脚本家のフィリップ・マンジョとともに作り上げた。第90回アカデミー賞外国語映画賞フランス代表作品。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (4)
星3つ 75% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1990年代初頭のパリ。HIV/エイズの脅威は特に若い世代を中心に広がっていたものの、政府も製薬業界も対策に本腰を入れず、社会的にもHIV感染者に対し偏見や差別が持たれるようになっていった。そんな中、不安に駆られる感染者だけでなく恋人や家族など身近な人が感染し対策を訴える者、問題意識を持った者たちが活動団体ACT UP - Parisに集まり、エイズ患者やHIV感染者への不当な差別や環境を改善するため、デモ行進や政府・製薬会社への抗議、高校での性教育などの活動を行っていた。彼らにとってこの団体は本音を語り合える疑似家族のようなものであり、活動に参加することは個人の支えにもなった。この団体に新しく加わったナタンもまた、HIV陰性ながら積極的にミーティングや示威活動に参加していく。グループの中で最も行動派であるHIV陽性のショーンは、温和な活動だけでは現状を変えられないと主張。偏見や無関心さを前に、血液に見立てた真っ赤なペンキを製薬会社のオフィスにまいたり、許可なく学校を訪れコンドームを配ったりと、彼らの活動は日に日に過激になっていった。内向的なナタンはやがてショーンに惹かれるように。ナタンに差別的な言葉を投げつけた女子学生に見せつけるようにショーンが彼にキスをしたことから、二人は距離を一気に縮める。死への恐怖に抗うように生を謳歌し、互いを求めあう二人。しかし一向に治療薬の開発は進まず、ショーンの身体は病魔に蝕まれていく。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

原題 120 BATTEMENTS PAR MINUTE
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 143
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

マイノリティ活動家だった監督の秀作

投稿者:Iwata Hiroyasu

(投稿日:2018/04/29)

ロバン・カンピヨ監督の演出技術が高い。若い出演者を統率し優れ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > BPM ビート・パー・ミニット

ムービーウォーカー 上へ戻る