映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛という名の疑惑

完全犯罪を目論んで近づいた美しい姉妹に翻弄される精神分析医の愛と葛藤を描くサスペンス映画。監督は「ステート・オブ・グレース」のフィル・ジョアノー、製作はチャールズ・ロヴェン、ポール・ユンガー・ウィットアンソニー・トーマス、エグゼクティヴ・プロデューサーは主演のリチャード・ギアマギー・ワイルドロバート・バーガーと「ケープ・フィアー」のウェズリー・ストリックの原案を元にストリックが脚本を執筆、撮影は「ゲット・バック」のジョーダン・クローネンウェス、音楽は「メンフィス・ベル」のジョージ・フェントンが担当。

3/5
総評価数 7
レビュー 1
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (6)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

サンフランシスコ。夜ごと悪夢を見るという若い女性患者ダイアナ・ベイラー(ユマ・サーマン)の病状に興味を覚えた精神分析医アイザック・バー(リチャード・ギア)。ダイアナは自分の過去を知る姉に会ってほしいと彼に言う。やがて姉のヘザー・エヴァンズ(キム・ベイシンガー)は自分からアイザックの前に現れる。彼はヘザーの美しさに魅かれ、2人は恋におちる。彼女の夫ジミー(エリック・ロバーツ)はマフィアで、妻を虐げる卑劣な男だ。アイザックの愛は同情も加わり次第に募る。そんなある日、アイザックはダイアナから緊急の電話を受け取る。ヘザーが夫殺しで逮捕されたのだ。ヘザーは以前より病的酩酊症で、犯行時の記憶がないという。アイザックは裁判で友人の弁護士と共闘してヘザーの無罪を勝ち取り、ヘザーは病院での治療が義務づけられ、入院した。しかし、数日後の学会でアイザックはフロイトの夢の学説を聞いて愕然とする。ダイアナの語る夢はフロイトからの引用そのままだったのだ。ヘザーの夫ジミーには多額の保険金がかけられており、アイザックは全てがヘザーの仕組んだ罠だったことを知る。ダイアナはその共犯者だった。怒りのアイザックはヘザーを病院に閉じ込めることにするが、復讐の鬼となったヘザーはダイアナを身代わりにして病院を脱出、隠し持ったアイザックの指紋が付いた犯行時の凶器をタテに、身の潔白を主張しようとする。だが、嵐の中、灯台に追いつめられたヘザーは、アイザックの前で落下して死亡してしまう。結局、罪を逃れたダイアナがジミーの保険金を手に入れるのだった。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 Final Analysis
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ユング心理学と違って性ばかりがクローズアップされるフロイト心理学

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/5/22)

 1990年後半を席巻した悪女と言えば、シャロン・ストーンの…

[続きを読む]

支持者:4人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛という名の疑惑