映画-Movie Walker > 作品を探す > やがて水に歸(かえ)る

「ありふれた愛に関する調査」などの榎戸耕史監督が「渇きの街」以来20年ぶりに撮り上げた劇場用作品。大学院を中退した石上は同期の矢内からある女に会ってほしいと頼まれる。その女・雛子と石上は、その後も運命に導かれるように二度三度と出会いを繰り返す。出演は「青木ヶ原」の前田亜季、「ベイブルース 25歳と364日」の趙タミヤス、「セブンティーン、北杜 夏」の寺田農。脚本は「ボーイ・ミーツ・プサン」の窪田信介榎戸耕史が教鞭をとる桜美林大学映画専修の講師や学生もスタッフとして参加している。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

<夏>彼岸ごろの東京・神田。大学院を中退した石上(永里健太朗)のもとに、同期の出世頭である矢内(趙タミヤス)から電話がかかってくる。重い腰を上げて某大学に出向いた石上は、矢内から簡単な日雇いのバイトを頼まれる。「橋の上で、ある女と会え。用件は女に会えばわかる」探偵映画めいたその内容に石上は鼻白むが、“先生”とのコネを作るチャンスだぞと恩着せがましく言われ、断れなくなってしまう。“先生”(寺田農)は、学会で隠然たる権力を持ち続けている老碩学で、世渡り上手な矢内は先生に取り入ることで現在の大学助手の地位を得ていた。この件も、もともとは先生から矢内へのお達しだったのだ。下請けに丸投げするように矢内から体よく押しつけられたかっこうの石上は、しかたなく指定された場所へと向かう。前後左右を何本もの電車が行きかう神田昌平橋の上で、それらしき女がひとり、またひとりと現れる。だが、結局その誰もが「ある女」ではなく、会えばわかるはずの「用件」も知ることができないまま、石上は橋の上で呆然と立ち尽くすのであった……。<冬>正月の奥多摩・沢井。“先生”の家で開かれる恒例の新年会に招かれた矢内。石上もそのお供として同席。「直弟子でもめったに声がかからない会だから、先生に近づくチャンスだぞ」とたきつける矢内に、石上は「どうも自分を売り込むのは苦手で」と後ろ向きだ。しかし、そこで出会った先生の娘・雛子(前田亜季)の顔を見て石上は驚く。多くの訪問客をもてなしている雛子は、夏に神田昌平橋ですれ違った女のひとりだったのだ。「あなたを見かけたことがあります」「私も何だかそんな気がします」賑わう新年会の片すみでそんな会話を交わす二人。それをじっと注視していた先生は、石上が矢内の代理で昌平橋に行ったことを知るとにわかに態度を改め、娘のことをどう思うかと石上に聞く。そして「矢内くんを相手にと思っていたのだが、そういうことなら君でもいい。君にも資格がある」などと言い出すのだった……。<春>満開の桜を、水路をゆく舟から見上げている石上と雛子。大川、神田川、外堀と川面をすべる舟に揺られながら、これまでとこれからについてとりとめなく語り合う。ふとした偶然から再会した二人は関係を持つようになっていたが、「これから」の見通しはまったくなかった。石上は相変わらず無為徒食であり、雛子は父のくびきを逃れることができず、出口の見えない毎日が続くばかり。そんななか、先生が倒れたという一報が二人のもとに入る……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 桜美林大学映画専修共同研究
上映時間 82
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 榎戸耕史
脚本 窪田信介
撮影 丸池納斉川仁
音楽 竹田直宏
美術 金勝浩一
編集 村石誠
録音 北村峰晴
サウンドデザイン 山本文勝
ヘアメイク 根本佳枝新井はるか
照明 森谷清彦山川英明
スタイリスト 小川久美子

キャスト

雛子 前田亜季
石上 永里健太朗
矢内 趙珉和
先生 寺田農
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > やがて水に歸(かえ)る

ムービーウォーカー 上へ戻る