映画-Movie Walker > 作品を探す > 娼年

予告編動画を見る 娼年の画像

直木賞候補になった石田衣良の恋愛小説を、2016年8月の舞台化に引き続き、主演・松坂桃李、監督・三浦大輔のコンビで映画化したセンセーショナルなラブストーリー。会員制ボーイズクラブの娼夫となった20歳の大学生と、彼が出会う女性たちとの物語がつづられる。主人公を誘うボーイズクラブのオーナーを元宝塚歌劇団の真飛聖が演じる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 23
レビュー 9
投票 14
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 22% (2)
星4つ 100% (9)
星3つ 77% (7)
星2つ 55% (5)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大学生のリョウは、大学生活に飽きバーでのバイトに明け暮れ、無気力な生活を送っていた。ある日、ホストクラブで働いている中学校の同級生・田島進也が、客の御堂静香を連れ立ちリョウの勤めるバーにやってくる。女や恋愛に興味がないと言い放つリョウ。そんな彼に、静香はオーナーをしている秘密の会員制ボーイズクラブ『パッション』に入るための試験を受けさせる。戸惑いつつも娼夫として仕事をするうちに、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、やりがいを見出すように。そして彼を買った女性たちは、どんな女性の欲望も引き出す彼と時間を過ごすことにより、自分を解放していく。やがて静香に対しても思いを寄せるようになるが……。

見たい映画に
登録した人
42

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 119
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三浦大輔
製作 小西啓介松井智堀義貴木下暢起
プロデューサー 永田芳弘山野邊雅祥藤原努石田麻衣
原作 石田衣良
脚本 三浦大輔
企画プロデュース 小西啓介
エグゼクティブプロデューサー 金井隆治津嶋敬介

レビュー

ミスターワンダフル。

投稿者:McCOY

(投稿日:2019/03/26)

ただいまWOWOW無料体験中。公開当時は多忙で観に行けなかっ…

[続きを読む]

支持者:1人

実写化・御堂静香役は映画派♡

投稿者:junjun

(投稿日:2018/06/07)

小説・舞台・映画、すべて制覇。 やはり原作に勝るものなし。…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

松坂桃李、初ドラマは「『バーターだから』と言われた」役者道10年を振り返り、恩返しを誓う!
松坂桃李、初ドラマは「『バーターだから』と言われた」役者道10年を振り返り、恩返しを誓う!(2018年11月17日 20:25)

東京都多摩市内で開催される映画ファンの祭典「第28回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」にて「第10回TAMA映画賞」の授賞式が11月17日にパルテノン…

松坂桃李「一種のプレイのよう」“激しい濡れ場”目撃した『娼年』観客を前に照れまくり!
松坂桃李「一種のプレイのよう」“激しい濡れ場”目撃した『娼年』観客を前に照れまくり!(2018年4月7日 16:09)

石田衣良の同名小説を松坂桃李主演で映画化した『娼年』(公開中)の公開記念舞台挨拶が4月7日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、松坂をはじめ、真飛聖、冨手麻妙、猪…

『娼年』松坂桃李が肌と肌の対話でたどり着いた境地とは?
『娼年』松坂桃李が肌と肌の対話でたどり着いた境地とは?(2018年4月5日 11:15)

石田衣良の同名小説を、松坂桃李主演、三浦大輔演出で舞台化した「娼年」が、今度は2人によって映画化され、4月6日(金)より公開となる。センセーショナルな性描写が先…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 娼年