映画-Movie Walker > 作品を探す > マスカレード・ホテル > レビュー

投稿レビュー(13件)マスカレード・ホテルは星4つ

「マスカレード・ホテル」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

見応えのある (投稿日:2月20日)

私は木村拓、長澤まさみに集中して、
映画を観ましたが迫力があり、テレビと
は別の世界で、鑑賞できました。今度は
さんまさんに集中して観てみます。
また、観かたが違って面白いかも、
知れません。»ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

普通に面白いです (投稿日:2月18日)

えーとですね、、、、

・面白いかと言うと、「面白い」です。
・映画館で観る必要があるかというと、「TVで充分ですが、無駄にキャストにお金がかかっているのがよく判るので、TVでは予算的に無理です」

・気になった点は2つ

>犯人役の方の演技が下手(他の方が上手いだけに、気になった。でもこれは脚本的にリアルさにかけるので、仕方がないとも言える)

>キャストの豪華さを演出するために無駄な場面が多い。鑑賞後にこの映画ってホテルしか撮影してないから、費用のほとんどは人件費だよねー。だから豪華キャストにクローズアップしているのかと思うと本来の映画撮影の精神とは逆行していると思ったりしました。

東野圭吾作品って、本の方が面白いんだよなー
映画の方が面白いっていう作品を期待しています

では
»ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ワクワクさせてくれる (投稿日:2月10日)

フロントの東根作さんの笑顔、長澤さんの笑顔が最高です。お客としてこういうホテルに泊まりたい!と思わせてくれます。
犯人役についてはもう少し犯行の際、イッちゃってる感を出してほしくそこは物足りなかった。
カメラの浮遊感ある撮り方やズームイン・アウト(?)が映画ならではで引き立ち楽しかったです!»ガイドライン違反報告

投稿:yua

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

木村拓哉さんは唯一無二の“キムタク”という文化 (投稿日:2月5日)

たくさんの絶賛レビューがあげられているので、私は違う視点からの感想です。

主演の木村拓哉さん…
初めに断っておくけれど、私は昔からファンではありません。
時代の波に乗れない天邪鬼な性格でみんなが良い!と言って飛びつくものに対して懐疑的。
どちらかといえば、ややアンチだったかもしれない。

でも、そう思う人ほど意外と縁があるもので、リアル木村さんを拝見する機会もありました。
私が初めて木村さんにお会いした時…
おおっ、キムタクだ!遠くにいても光ってる。
…というオーラを纏った存在感を見せつけられました。
髪の先からつま先まで、細部に渡ってパワーが漲っている。
簡単には近づけず、近づこうとすると研ぎ澄まされた刃がこちらに向いたような眼光で寄せ付けない、そういう印象。
全盛期からファンとアンチが共存し、彼の一挙一動に注目が集まります。
良くも悪くも彼は〝特別〟なのです。

本作「マスカレードホテル」の宣伝のために様々なバラエティ番組に久々に姿を現した木村拓哉さん。
ひと山越えて、輝きを増した気がした。

そして公開初日。
鑑賞した映画は見どころ満載だった。
新田と山岸のかけあい。
次から次へと出てくる豪華キャスト。
テンポのいい展開。
長澤まさみさんをはじめ、適材適所に配置されたキャスティングがお見事。
木村さんの魅力を知り尽くした鈴木監督とスタッフが最高の作品に仕上げてくれた。
何回観てもみたりない。
隅々まで満喫したいからホテルコルテシア東京の〝お客様〟になったつもりで映画館に通おうと思わせる。

人生山あり谷あり…色んな苦境を越えてきた、これからの木村拓哉さんに注目したい。
何をやってもキムタク?
キムタクで何がいけない?
木村拓哉さんは唯一無二の〝キムタクという文化〟なんだ!と気づかされる映画でした。

大ヒット、おめでとう!

私は既に3回観た。
いつも夢中になって、まださんまさんが見つかっていません。笑笑
»ガイドライン違反報告

投稿:あらりん

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

豪華キャスト (投稿日:2月4日)

次々に現れる豪華キャストが一癖も二癖もあり、楽しめる»ガイドライン違反報告

投稿:tibita6162

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

異色のバディ・ムービー誕生。豪華なキャストで紡ぐ、上質なミステリー。 (投稿日:2月4日)

【賛否両論チェック】
賛:人を信じるか疑うか、全く正反対の価値観を持つ刑事とホテルマンが、ぶつかり合いながら潜入捜査へと挑んでいく様が、さながらバディ・ムービーのようで面白い。ミステリーとしても充分楽しめるほか、出演者もかなり豪華。
否:どうしても似たようなシーンが続くので、ストーリーに惹かれないと退屈してしまいそう。

 ひょんなことから潜入捜査をすることになった刑事・新田と、捜査に協力せざるを得なくなったホテルマン・山岸。相手を「疑う」刑事と「信じる」ホテルマンという対比が、それだけで斬新で印象的です。そんな2人がひたすら衝突し合いながら、少しずつお互いの信念を知り、心を開いていく様は、さながらバディ・ムービーの新境地といったところでしょうか。
 ミステリーとしても上質です。一見すると、ホテルを訪れる一癖も二癖もある宿泊客の群像劇のように見えながら、実はその中に事件のカギを握る重要な人物や出来事が紛れ込んでいるのが、観ていて思わずうなってしまいます。
 出演者の皆さんも非常に豪華ですので、その辺りも楽しみながら酔いしれたい、そんな世界観の作品かも知れませんね。»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ミステリの映像化で一番やっては駄目なこと (投稿日:2月1日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

連続殺人の次の殺害現場だと特定されたホテルに刑事が潜入捜査をして、相棒となったホテル従業員と反発しながらも協力して事件を解決していくというストーリー。メインストーリーの連続殺人の捜査の中で、ホテルを訪れる厄介なお客様にまつわるいくつかの事件がショートストーリーとして挟まれる構成になっている。

メインストーリーに関わるあるトリックが映像化のネックになる部分で、そこをどう上手く映像化するかが制作側の腕の見せ所だったと思うが、映像化に関わった人間は馬鹿しかいなかったのかと思うぐらい完全に失敗している。ちょい役まで含めて配役を豪華にしすぎたのが致命的で、とある人物だけ誰が演じているのかわからず悪目立ちさせてしまった。木の葉を隠すなら森の中はミステリの基本だろう。たくさんの宝石の中に石ころを隠したら意味がない。本筋とは関係ないところで犯人がわかってしまうのは、ミステリの映像化で一番やっては駄目なこと。

ホテル従業員のお客様至上主義が過剰だったり、刑事の推理がかなり飛躍したものだったり、犯人の犯行計画にもいまひとつ納得できず、ミステリとして決して良作だとは思えなかった。»ガイドライン違反報告

投稿:TUKUYOMI

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ミステリー風ドラマ作品 (投稿日:1月23日)

ミステリーとしてはかなり物足りない。
キムタクのブランド力、キャストの豪華さで楽しめる作品なのかな。
設定上ホテルで殺人が起きたらその時点でホテルが舞台の物語が終了してしまう。
案の定、様々な客との押し問答、主人公新田のホテルマンとしての成長に長いこと尺が使われていた。
肝心な謎解きもしょぼい。
予告でガリレオ、新参者に次ぐミステリーとうたっていただけに残念。»ガイドライン違反報告

投稿:rugby19970918

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

テレビ特番感が出ちゃうフジテレビ制作映画 (投稿日:1月23日)

東野圭吾のあの情報量を、よく落とし込んだな、というのがシナリオや演出、フィルム全体に対する率直な驚き。
よくできてました。
(トリックに無理があって、後半失速するのもそのまま出ちゃったけど)

また、長澤まさみの良さがクローズアップされるな、と思いつつ、この最近のぐっと良くなったキムタクが見られてよかったな、と。

『武士の一分』(2006)『HERO』(2007)の時は、優れた演出家であっても、「何をやってもキムタク」感をぬぐえないという印象だったんですが、あれって下手とか大根じゃなく、蜷川幸雄の影響が強かったんだなあ、と藤原竜也の演技を見て思い直し。
(『シュート』や、舞台『聖闘士星矢』の頃は明確に大根、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、監督演出がアレでしたけれども)

『無限の住人』(2017)『検察側の罪人』(2018)で、キムタクいいじゃん!と思った私でした。

キャストの豪華さが、すごくフジテレビくさく、逆にテレビスペシャル感を醸し出してしまった。
脇役が主張し過ぎて、「オールスター隠し芸大会」臭が出るのです。
しっかりした味の食材を使い過ぎて、スープの味がボケたラーメンみたい。

モデルとなった日本橋「ロイヤルパークホテル」を、まんま使うわけにはいかなかったようで、ホテル外観にVFXが使われていたのですけれども、これの画質がいかにもCGすぎて、興ざめしちゃうのも含めて、画面の作り方がチープ。
金の掛け方のチグハグ感もあり。

「もったいない」の一言。
いや、フジテレビクオリティというべきか。
映画ってより、テレビドラマのSP1話なのよね。»ガイドライン違反報告

投稿:コージィ

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

1 (投稿日:1月19日)

山岸さんとダー子、真逆よね
長澤まさみちゃんも良かった
いやー!好きです、マスカレードホテル木村くんカッコいい!姫かわいい♡なにあのバディ感!!!歩み寄りが素晴らしい!そして犯人役の人がすごい。ゾクゾクしましたね。あっという間だったー!幼稚な感想しかでない←えー何回みよう?»ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マスカレード・ホテル > レビュー