リズと青い鳥|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リズと青い鳥

2018年4月21日公開,90分
  • 上映館を探す

テレビアニメでも人気の『響け!ユーフォニアム』シリーズの完全新作劇場版。北宇治高等学校吹奏楽部三年生の鎧塚みぞれと傘木希美は、最後のコンクールに臨もうとしていた。だが、親友のはずの2人は、それぞれのソロが噛み合わず、距離を感じさせる……。監督を山田尚子が務め、脚本を吉田玲子が担当するほか、「映画 『聲の形』」のメインスタッフが再集結している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生の2人は、最後のコンクールを迎えようとしていた。その自由曲に選ばれたのは、『リズと青い鳥』。この曲には、オーボエとフルートが掛け合うソロがあった。“なんだかこの曲、わたしたちみたい”と屈託なく語り、嬉しそうにソロを演奏する希美と、一緒に過ごす日々に幸せを感じながらも、終わりが近づくことを恐れるみぞれ。親友のはずの2人だったが、オーボエとフルートのソロは上手く噛み合わず、距離を感じさせるものだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
90分

[c]武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.4
  • シアターマスター

    4
    2019/3/21

    「響け!ユーフォニアム」は未見の上で鑑賞。
    中学の頃に吹奏楽部に所属していたので、ちょっとした音楽用語とか部活メンバーの和気あいあいとした雰囲気とか懐かしく思いました。

    コンクールに出場するために練習に励む部員たち。その中でフルートとオーボエの掛け合いのソロを担当する二人の少女、彼女たちの視点で物語は進んでいきます。希美が大好きで何処か彼女に依存しているように見えるみぞれ、明るくていつも人に囲まれているけれど何かを抱えている様子の希美。どちらにも共感できる部分があったように思います。監督・脚本、ともに女性が担当しているので、自分にはより分かりやすかったのかも。

    この作品は間が独特で、台詞だけではなくてちょっとした仕草や目線・微かな表情の変化で彼女たちの気持ちが表現されている所が魅力だし、すごいと感じました。作画もとても丁寧で、何より表題曲を含めた音楽が全体的に素敵でした。

    素直な気持ちで演奏される第三楽章のシーンは感動すること間違いなしです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • MANSHIOE

    4
    2018/5/3

    童話シーンと数人の先生を除けば女子高生しか出てきません。カメラもほとんど学校から出ません。非常に閉じたシチュエーションでのとても静かなドラマのため、見る人によって好みが真っ二つに割れそうな映画です。僕にはとても面白かったです。
    非常に淡々と話が進みますが、1カット1カットが静かな緊張に満ちていて、精緻に組み上げられた芸術品のようです。見ていて非常に緊張を強いられる作りなのですが、意外に不快じゃない。そして、学生時代ってこういう鬱屈した時期ってたしかにあるよな、と思わされるお話です。
    山田監督お得意の「足演技」もパワーアップして、いつも以上に饒舌に足がセリフを語ってくれます。そして、リズと鳥になぞらえていたかと思われるみぞれと希美の立場の鮮やかな逆転がすばらしい。
    全般的に良い出来だったのですが、唯一残念なのが本田望結さん。ひどい棒読み演技のため、童話シーンになるとセリフが頭に入ってきません。なので、星一つ減点で。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ローズ

    3
    2018/4/30

    北宇治高校吹奏楽部3年生のみぞれと希美は、最後のコンクールを迎えようとしていたが、親友のはずの2人のソロが噛み合わず悩む。
    大好きな親友と別れる日が近づく寂しさと新しい世界に飛び立たなけれなならない現実。高校生ならではの繊細で瑞々しい感性を細やかに描き、こんな時もあったな見入ってしまう。人を想うことは難しいから、やめられない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告