TOP > 上映中の映画作品を探す > 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア > レビュー

投稿レビュー(7件)聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアは星3つ

惜しい (投稿日:2018年9月14日)

バリー・コーガンの怪演に圧倒された。物凄く肝心な事を、時間がないから早口で捲し立てられるのも怖い。崩壊していく家庭の、特に母親にはちょっとショックだった。どういう方法でこの事態に陥れたのかは判明しないところは気になったが、強烈な映画を見た。  »ガイドライン違反報告

投稿:daydream_h

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

強い影響を残す、サスペンス心理ドラマ。 (投稿日:2018年4月22日)

神秘的な作品を見た「聖なる鹿殺し」原題 "THE KILLING OF A SACRED DEER"。何で、そうするの。何で、そんな事になるの。サスペンスたっぷりの心理ドラマ。映画と実生活を混同してしまう向きにはお勧めできない作品だ。でも推理サスペンス好きには堪らない内容だろう。しばらく影響を受けそうだ…。 »ガイドライン違反報告

投稿:Iwata Hiroyasu

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ちょっと長い、ちょっとめんどくさい、ちょっとつまらない (投稿日:2018年4月10日)

キャストはいい、カメラワークもまあいい、間延びしている感じはしないが、なんつーか「社長の話長いなぁ」みたいな妙な忍耐が要求される。都内某所ではぐうぐうお眠りになられている方もいらっしゃいました。むべなるかな。
何不自由なく暮らす一家が、もさっとした貧乏そうな若者の前にひれ伏す的な話が斬新ですかね、今時。
そして、あのラスト。
我慢して話を聞いたのに、これですかー。。。 »ガイドライン違反報告

投稿:亀戸大根

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ヨルゴス・ランティモス監督の世界・・・ (投稿日:2018年3月21日)

 監督の前作「ロブスター」の世界観と映像が好きで、期待大で鑑賞してきましたが、その期待は裏切られることなく、ある意味、期待以上でした!

 今回も不条理なストーリーと独特な映像美ですっかり魅了され、私的には、これまた大好きなスタンリー・キューブリックの「シャイニング」にちかい空気を感じ、もう酔いっぱなしでした。

 とはいえ、この内容と世界観はかなり観る人を選ぶと思います。というか、この世界観が好きな人しか「よい」とは感じられないかもしれません。

 映画の楽しみ方は人それぞれと思いますが、この映画は「面白さ」を感じるというより「酔う」といった感じでしょうか?

 それにしても、フランク・ダラボン監督の「ミスト」を彷彿させるラストは衝撃的でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

デート向きでは絶対にないです (投稿日:2018年3月12日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

豊かで厳しい家庭。
激しく感情を表す事の無い淡々とした家族がちょっと不気味。

マーティン少年とスティーブンの関係が最初見えて来ないのだけれど、それは家族にも同僚にも観客にも隠しておきたい罪のせいなのね。

マーティンが口にし、起きた出来事が、何故起きたのか、どういう力なのか、その不条理に説明はない。
呪術のような感じ。
こんな出来事がどこにでも起こったら、あっという間に世界は崩壊するわ。

ソレが起きてから、選択権のあるスティーブンにすり寄る家族の言い分が滑稽でいて恐ろしい。
騒がず静かに出し抜こうとする。ママでさえ。
選べないのは分かるけど、あのやり方はまた滑稽で。その後どう処理したんだろう・・
不条理すぎて本当の事は言えないでしょ。

個人的にはへヴィメタル好きの少年ボブ君が可哀想だったわ。

そして事が済んだ後の、家族がマーティンを見る目・・そしてその眼で見られたマーティンの表情が印象的。

ちょっと気分が悪くなりそうな、もやもやした作風は相変わらずで、上映後、すぐに解説を求めていた人がいました。
これ、デート向きでは絶対にないです。マニアック映画好きカップル以外には。



»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

怨念?私怨? (投稿日:2018年3月11日)

ぶっちゃけ「ロブスター」より悪くない。ほとんど音楽がなく、シーンとした映像。時折、神経を逆なでるような音響が気味悪い。

わら人形ではないけれど、マーティンの怨念か。一体彼は何者…?彼の予測がどんどん的中していきスティーブンを追い詰める。そもそも彼のミス、それならアンナの解釈通り妻と子供たちは対象外でしょう。にも拘らず、スティーブンは絶対残すと言う。

マーティンの目がギラギラ怒りに燃えている目ではなく極めて冷ややか。しかしその精神は逸脱して彼の言っていることは本当になっていくのだなと。
子供たちのスティーブンに対する懇願。家族の中の1人を選ぶなんてできるのか。

…あれはある意味平等だけれど、完全にマーティンにやられた。ラストのダイナーシーン。互いに目をじっと離さないけれど一言も発しない。何か互いに言いたいことあるけれど。口を一文字に閉じなくてはならない。
最後まで緊迫続く恐怖感である。

それにしても、A.シルバーストーンが出演していたなんて。びっくり。ギャル全盛期の彼女は本当にcuteであった。全然わからなかった。エンドクレジットでわかったくらい。それがショック。
»ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る