映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・シークレットマン

リーアム・ニーソンがウォーターゲート事件の内部告発者“ディープ・スロート”こと元FBI副長官マーク・フェルトを演じたサスペンス。FBI長官代理グレイからウォーターゲート事件の早期解決を命じられたフェルトは、マスコミを利用しようとするが……。共演は「ボンジュール、アン」のダイアン・レイン、「ラビング 愛という名のふたり」のマートン・ソーカス。監督は「コンカッション」のピーター・ランデズマン

4/5
[?]評価方法について
総評価数 24
レビュー 9
投票 15
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 90% (9)
星4つ 40% (4)
星3つ 100% (10)
星2つ 10% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1972年4月11日。大統領選挙203日前。FBI副長官マーク・フェルト(リーアム・ニーソン)は、ディーン大統領顧問(マイケル・C・ホール)から、40年間、FBIに君臨し続けるフーバー長官の退任について相談を受ける。だが、フーバーに忠誠を誓うフェルトは、FBIに集まるあらゆる情報を記した極秘の“メモ”の存在を仄めかし、逆に顧問たちをけん制。やがて、フーバー長官が死亡すると、司法次官のパトリック・グレイ(マートン・ソーカス)が長官代理に抜擢される。自分が次期長官だと信じていたフェルトはその事実に愕然とする。大統領選挙133日前。ウォーターゲート・ホテルの民主党本部に侵入した男たちが逮捕される事件が発生。捜査を開始したフェルトは、グレイから48時間以内の解決を命じられる。マスコミを利用して捜査継続を目論むフェルトは、TIME誌の記者サンディ・スミス(ブルース・グリーンウッド)と接触し、捜査情報をリーク。さらに、ワシントン・ポストにも電話を入れる……。やがてワシントン・ポスト紙に、ウォーターゲート事件は元CIA職員による盗聴事件だとの記事が掲載される。TIME誌でもFBIが真相隠蔽を画策したとの記事が出るという情報が。捜査情報のリークを巡って混乱するFBI。捜査を巡ってディーン大統領顧問と対立したフェルトは、例え相手が大統領であったとしても、犯罪を放置することは出来ないと決意を固める。だが、CIAの捜査は中止され、FBIにも捜査打ち切りが命じられる。それでも、真実を突き止めるまでの捜査は止めないと捜査官たちに熱く語るフェルト。そして、大統領選挙直前になって、“ディープ・スロート”と名付けた謎の情報提供者から得た情報に基づき、“ウォーターゲート事件は政権によるスパイ工作だった”との記事がワシントン・ポスト紙に掲載されるが……。

見たい映画に
登録した人
34

作品データ

原題 MARK FELT: THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 クロックワークス
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

マーク・フェルト リーアム・ニーソン
オードリー・フェルト ダイアン・レイン
L. パトリック・グレイ マートン・ソーカス
エド・ミラー トニー・ゴールドウィン
アンジェロ・ラノ アイク・バリンホルツ
チャーリー・ベイツ ジョシュ・ルーカス
ジョアン・フェルト マイカ・モンロー
ジョン・ディーン3 世 マイケル・C・ホール
ウィリアム・C・サリバン トム・サイズモア
ボブ・ウッドワード ジュリアン・モリス
サンディ・スミス ブルース・グリーンウッド
スタン・ポッティンガー ノア・ワイリー
CIA の男 エディ・マーサン
ロバート・クンケル ブライアン・ダーシー・ジェームズ

レビュー

重厚な名作

投稿者:movado

(投稿日:2018/02/28)

単館上映扱いなのが信じられないほど。有名俳優をふんだんに投入…

[続きを読む]

支持者:1人

じっくり重厚な政治劇

投稿者:TAKE

(投稿日:2018/02/26)

じっくり重厚な政治劇。数々の困難を前に彼は正義を貫けるのか?…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・シークレットマン

ムービーウォーカー 上へ戻る