映画-Movie Walker > 作品を探す > サニー/32

予告編動画を見る サニー/32の画像

NGT48卒業を発表した北原里英主演のサスペンス。当時11歳だった女児が同級生を殺害した事件から14年後、24歳の中学校教師・赤理が二人の男たちに監禁される。二人は加害者女児・通称“サニー”のカルト的信者だった。監督は、「凶悪」の白石和彌。出演は、「アウトレイジ 最終章」のピエール瀧、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「パーフェクト・レボリューション」のリリー・フランキー。2018年2月9日より新潟・長岡先行公開。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 2
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (4)
星2つ 25% (1)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

冬、新潟のある町。中学校教師・藤井赤理(北原里英)は仕事も私生活も振るわないまま、24歳の誕生日を迎える。その日、赤理は柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)に拉致され、雪深い山麓の廃屋に監禁される。小田は嬉々としてビデオカメラを回し、柏原は赤理のことを“サニー”と呼ぶ。“サニー”とは、当時11歳だった小学生女児が、突然、工作用のカッターナイフで同級生の首を切りつけ、殺害した事件の犯人の通称だった。事件発覚後、マスコミが使用した被害者のクラス写真から加害者の女児の顔が割り出され、目を引くルックスから「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」とたちまちネットなどで神格化されたのだ。出回った写真での右手が3本指、左手が2本指でピースサインをつくる独特の決めポーズも話題を集め、“32(サニー)ポーズ”と名付けられ、彼女自体も“サニー”と呼ばれるようになった。赤理は、奇しくもこの事件から14年目の夜に拉致された。カルトな信者である柏原と小田は赤理を好みのドレスに着替えさせ、写真や動画をネット上にアップする。赤理は正気を失っていきながらも、必死に監禁部屋からの脱出を試みる。しかし、さらなる驚愕の展開が待っていた……。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 110
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 白石和彌
製作 永山雅也間宮登良松三宅容介
プロデューサー 高橋信一押田興将
脚本 高橋泉
企画 石田雄治
撮影 灰原隆裕
音楽 牛尾憲輔
主題歌 牛尾憲輔田渕ひさ子
美術 多田明日香
編集 加藤ひとみ
スーパーバイザー 秋元康
録音 浦田和治
音響効果 柴崎憲治
エグゼクティブプロデューサー 千葉善紀
キャスティング 安生泰子
ヘアメイク 有路涼子
助監督 佐和田惠
照明 谷本幸治
装飾 佐々木健一
衣裳 高橋さやか
制作担当 宮森隆介

キャスト

レビュー

誰にも感情移入できない不可思議な映画(`・ω・´)

投稿者:yae

(投稿日:2018/01/19)

Movie Walkerさんで完成披露試写会に当選したので、…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

若松プロ再始動『止められるか、俺たちを』で、活気あふれる日本映画が蘇る!
若松プロ再始動『止められるか、俺たちを』で、活気あふれる日本映画が蘇る!(2018年5月16日 12:00)

現在大ヒット公開中の『孤狼の血』など数多くの話題作を手がける白石和彌監督が、自身が所属していた若松プロダクションと師である若松孝二監督の若かりし日を描き出した『…

【リズと青い鳥 特集】映画音楽で今注目の電子音楽家・牛尾憲輔「山田尚子監督とバンドを組んだみたいだった」
【リズと青い鳥 特集】映画音楽で今注目の電子音楽家・牛尾憲輔「山田尚子監督とバンドを組んだみたいだった」(2018年4月24日 20:30)

吹奏楽部に所属する高校3年生の鎧塚みぞれと傘木希美、2人の友情と美しくも儚い青春の一幕を描いた『リズと青い鳥』(公開中)で、劇伴(劇中音楽)を担当した電子音楽家…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サニー/32

ムービーウォーカー 上へ戻る