映画-Movie Walker > 作品を探す > アバウト・レイ 16歳の決断

予告編動画を見る アバウト・レイ 16歳の決断の画像

エル・ファニングがボーイッシュな装いでトランスジェンダーの主人公を演じるヒューマンドラマ。男の子として生きる決断をした主人公と、子供の突然の告白に動揺しながらも温かく見守ろうとする母親や祖母の姿を描く。母親をナオミ・ワッツ、レズビアンの破天荒な祖母をスーザン・サランドンが演じる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 16
レビュー 3
投票 13
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 28% (2)
星4つ 100% (7)
星3つ 85% (6)
星2つ 14% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

性自認が男性である16歳のレイ(エル・ファニング)は、心身ともに男の子として生きることを決断。母親マギー(ナオミ・ワッツ)は、医師が差し出してきたホルモン治療など見慣れない資料に呆然とし、動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを近くに住む青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にするなど、動揺は暴走していく。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトし、最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しているおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は、レイの新しい人生への一歩を密かに応援していた。レイは髪を短く切り、トレーニングをして、本来の姿を手に入れようと努力する。そんなレイの成長を見つめていたマギーは意を決し、治療の同意書のサインをもらうため、別れた夫クレイグ(テイト・ドノヴァン)に久しぶりに会いに行く。しかし、困惑する元夫は賛成してくれない。見かねたレイは、マギーに黙って父を訪ねていくと、そこでまさかの家族の秘密を知る……。

見たい映画に
登録した人
29

作品データ

原題 3 GENERATIONS
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 92
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

境界線の意味

投稿者:seapoint

(投稿日:2018/02/12)

LGBTの権利の躍進は昨今目まぐるしい。そもそも当然の権利と…

[続きを読む]

支持者:0人

母の悩みは尽きない

投稿者:わせい

(投稿日:2018/01/17)

祖母、祖母の彼女、母(シングルマザー)と同居するレイ16歳は…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アバウト・レイ 16歳の決断

ムービーウォーカー 上へ戻る