戦狼/ウルフ・オブ・ウォー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

戦狼/ウルフ・オブ・ウォー

2018年1月12日公開,123分
R15+
  • 上映館を探す

現代特殊部隊のリアルを描き上海国際映画祭主要4部門に輝いた「ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊」に続き、俳優ウー・ジンがメガホンを取った戦争アクション。特集企画『のむコレ』および2017東京/沖縄・中国映画週間にて上映後(配給:AMGエンタテインメント)、2018年1月12日よりロードショー(配給:KADOKAWA 提供:AMGエンタテインメント=ポリゴンマジック)。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

義侠心から事件を起こし軍を除籍された特殊部隊戦狼の元隊員・レンは、失踪した恋人の足跡を追いアフリカの地へ。しかし突如内戦が勃発。難を逃れ一度は帰国するが、国や人民を守る元・戦狼の使命感から、残された同胞を救出するため危険を顧みず再びアフリカに向かう。

作品データ

原題
戰狼2
映倫区分
R15+
製作年
2017年
製作国
香港
配給
AMGエンタテインメント
上映時間
123分

[c]Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • コージィ

    4
    2018/1/25

    かっちょいい。
    中国版『ランボー2』っすよ(ランボーの1作目ではない)。
    ラストの方は『ガルパン』要素もあり。
    敵を効率よく倒しまくる姿にしびれます。

    最後に「中華人民共和国の国民に告ぐ、海外で緊急事態があっても、偉大なる強大な祖国は貴方を見捨てない」的なクレジットさえ入らなきゃ、手放しで褒めたのに(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    4
    2018/1/17

    【賛否両論チェック】
    賛:予備知識は無くてもついていける。極限状態で繰り広げられる怒濤のアクションの連続に、思わず息を飲む。
    否:展開はご都合主義で、無理もかなりある。グロシーンも多め。

     なんとなく前作の知識はあった方が良さそうですが、最悪無くても大丈夫かと思います。
     内戦と疫病で混乱するアフリカの地にあって、最愛の人の仇を探す元特殊部隊員の主人公。そんな彼が凶弾に倒れていく人々を見過ごせるはずもなく、強力な傭兵組織に単身で戦いを挑んでいく様は、出来すぎとは分かっていてもやはりカッコイイです。
     アクションもこれでもかというくらいド迫力。生身の戦闘は勿論、戦車との戦い等のスケールは圧倒的で、他の追随を許しません。
     また、ヒロインが語る、
    「アフリカは文明発祥の地。でも文明を笠に着た人達が、困難を持ち帰った。」
    という言葉や、救助ヘリに乗せる人間を人種によって選ぶ重役に対し、主人公が、
    「ヘリは俺が呼んだ。乗せる者も俺が選ぶ!!」
    と、平等に女性子供を乗せようとする姿に、人間の本質を改めて痛感させられるようでもあります。
     ツッコミどころは多々ありますが、重厚なアクション大作を是非チェックしてみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告