映画-Movie Walker > 作品を探す > 途方に暮れる三人の夜

アメリカの自主製作映画界で注目されるグレッグ・アラキ監督が、パンク・ムーヴメントが過ぎ去った後の、若者たちの空虚な心情を描いた長編第1作。アラキ監督が脚本、撮影、編集を全て一人で担当。1987年ロカルノ映画祭ブロンズ賞受賞。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロスアンジェルス。夜。ビデオ・アーティストのアリーシャ(ダーシィ・マルタ)と彼女のボーイフレンド、クレイグ(ジョン・ラック)、そして2人の親友で、ゲイのアーティスト、デイヴィッド(マーク・ホーウェル)の3人は孤独感と精神的な葛藤を抱え、互いに愛情を求めながら、混乱し、傷つけ合ってしまう。3人は饒舌に自分の心情を告白するが、その言葉はまるで自分自身に向かって語られ続けるように、行き場を見失ってしまうのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Three Bewildered People in the Night
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 スタンス・カンパニー
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 途方に暮れる三人の夜