映画-Movie Walker > 作品を探す > 否定と肯定

否定と肯定の画像

ナチスによる大量虐殺はなかったと主張するホロコースト否定論者とユダヤ人歴史学者が裁判で争い、世界中の注目を集めた実在の事件を映画化した法廷ドラマ。アメリカの法廷での戦い方との違いに戸惑いながらも、勝利のために歴史の真実に迫っていくヒロインをレイチェル・ワイズが演じる。監督は近年はドキュメンタリーを数多く手がけているミック・ジャクソン

4/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (4)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリー大学で、ユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)が講演を行っていた。彼女はイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)が訴える大量虐殺はなかったとする“ホロコースト否定論”の主張を看過できず、自著『ホロコーストの真実』で真っ向から否定していた。ある日、アーヴィングはリップシュタットの講演に突如乗り込み、名誉毀損で提訴する。訴えられた側に立証責任がある英国の司法制度で戦うことになったリップシュタットは、“ホロコースト否定論”を崩さなければならない。彼女のために英国人による大弁護団が組織され、アウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まる。2000年1月、多くのマスコミが注目するなか、王立裁判所で始まった歴史的裁判の行方は……。

見たい映画に
登録した人
28

作品データ

原題 DENIAL
製作年 2016年
製作国 イギリス=アメリカ
配給 ツイン
上映時間 110
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

デボラ・E・リップシュタット レイチェル・ワイズ
Richard Rampton トム・ウィルキンソン
デイヴィッド・アーヴィング ティモシー・スポール
Anthony Julius アンドリュー・スコット
ジェームズ・リブソン ジャック・ロウデン
ローラ・タイラー カレン・ピストリアス
サー・チャールズ・グレイ アレックス・ジェニングス

レビュー

全く知らないことばかり・・・

投稿者:tom

(投稿日:2017/12/15)

ナチスの大量虐殺ホロコーストが事実であるかを争う裁判が イ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 否定と肯定

ムービーウォーカー 上へ戻る