ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター

2017年8月19日公開,85分
  • 上映館を探す

「エクスペンダブルズ」シリーズのアクション俳優ドルフ・ラングレン主演のホラー活劇。古代の悪霊が蘇り、憑依された者はゾンビと化し殺戮と破壊を繰り広げていた。ゾンビを殺した者に再憑依するこの悪霊と以前戦ったゾンビ・ハンターに町の命運が託される。監督は「ラバランチュラ 全員出動!」のマイク・メンデス。ドルフ・ラングレンが酒飲みのゾンビ・ハンターを、彼とともに悪霊に立ち向かう捜査官を「ハロウィン2016」のクリスティーナ・クリーブが演じる。特集企画『ウェルカム・アメイジング・シネマ2017』にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ・ミシシッピー州にある小さな町で、人々が次々に殺される事件が発生。古代の悪霊が蘇り、人間に憑依しながら大量の死と破壊を町にもたらしていた。町の命運は、数十年前にこの悪霊と戦ったゾンビ・ハンター(ドルフ・ラングレン)に託される。この悪霊は、憑依した人間が殺された途端に殺した人間に憑依していた。憑依された者を殺せない制約がある中、ゾンビ・ハンターは冷徹なFBI女性捜査官とともに悪霊に立ち向かっていく。

作品データ

原題
DON'T KILL IT
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
ブロードウェイ
上映時間
85分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 門倉カド

    3
    2017/8/31

    【賛否両論チェック】
    賛:決して倒せない悪霊の惨劇に、主人公とヒロインがどう立ち向かっていくのか、B級の中にもハラハラさせられるものがある。
    否:作品自体は、ストーリーも描写もB級そのもので、人によっては嫌いそう。グロシーンもかなり多め。

     雰囲気はまさにB級そのものですが、一筋縄では行かないのは、人々に取り憑き殺戮を行う悪霊が、「殺した人間へと次に取り憑いてしまう」というところです。そのため、倒しても倒しても悲劇が止まらず、パニックになる小さな町で、主人公がどう活躍をしていくのか、否が応でも注目してしまいます。
     ドルフ・ラングレン演じるジェビダイアの、絵に描いたようなニヒルなキャラクターも、なんとも憎めないところ。決して強いわけではなく、人間臭さが溢れる感じもイイですね。
     良くも悪くも、B級映画好きには好まれそうな作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告