映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ボス・ベイビー > レビュー

投稿レビュー(7件)ボス・ベイビーは星3つ

意外と感慨深い。超変化球で築かれていく、兄弟の絆。 (投稿日:2018年5月22日)

【賛否両論チェック】
賛:中身はオッサンの赤ちゃんと弱虫な少年との交流を通して、次第に2人が兄弟以上の絆を育んでいく様に、思わず感動させられる。老若男女問わずに楽しめる内容なので、情操教育にもうってつけ。
否:作品特有の超ご都合主義な展開は、もはやご愛嬌。ほんの少しだけ、小さい子には怖そうなシーンもあり。

 設定そのものは突拍子もない訳なんですが、それでも不思議と物語に入っていけるのは、ベイビーを始めとする個性豊かなキャラクター達のなせる技。庭での大追跡シーン等々、観ていてクスッと笑ってしまう場面がてんこもりなのもステキですね(笑)。
 突如やって来た怪しすぎるベイビーに翻弄され、始めはお互いに犬猿の仲だった少年・ティム。そんな彼が、やむを得ずベイビーと行動を共にしていくうちに、次第に本当の兄弟のような絆が芽生えていく姿は、分かっていても観ていて感動してしまいます。パニックになったティムに対して、ベイビーが
「出来るかどうか、決めるのは自分だ!!」
と叫ぶシーンは、思わずグッときました。
  展開はかなり強引すぎますが、そんなことはこの際気にせず、家族そろって沢山笑って泣きたい、そんな作品です。 »ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

想像力を働かせてね! (投稿日:2018年4月3日)

子供のころの想像力がそのまま映画になったような映画。
映像がいかにもアメリカのアニメぽいので好き嫌いは分かれやすいかも。

ボスの可愛らしい外観とおっさんの雰囲気のギャップも笑えます。
家族や兄弟って素敵だと思わせてくれる作品。 »ガイドライン違反報告

投稿:ナコ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

居心地よく (投稿日:2018年3月30日)

予告編を見せられるたびに「面白いかも?」という気分になり鑑賞。
フランシス・フランシスの正体といい結末といい「やっぱりね」なんだけれど、それが不自然でなくて居心地がよい。
エンドロールが時始まった途端に席を立つ人が結構いたんだけれど、途中と最後にオマケ映像あり。 »ガイドライン違反報告

投稿:パライバ

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

可愛くて楽しい (投稿日:2018年3月8日)

見た目はキュートなかわいい赤ちゃん、中身は上昇志向が強いビジネスマン。ちょっと口が悪くて、人使いも荒い?笑
でも見た目は赤ちゃんだから憎めない。笑
テンポが良く、ユーモアたっぷりで面白かった。
ティムの手紙のくだりにウルッ。 »ガイドライン違反報告

投稿:nishi

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

日本語吹き替えを見ました。 (投稿日:2018年2月16日)

ボスベイビーの声がムロツヨシさんです。オッサンっぽく上手に演じておられました。
が、英語版の予告編で聞いたボスベイビーの渋い声の方が良かったかなあ。森山周一郎さんぐらい渋い声だったらもっと面白いかも。
»ガイドライン違反報告

投稿:はむ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

プニュプニュほっぺとプリプリお尻! (投稿日:2018年2月14日)

仕事人間の赤ちゃんと、赤ちゃんに家族を取られた少年⁉
最初は合わない二人だったけど、目的のために手を組み次第にいいコンビニなっていく。
ボスベイビーが牛乳切れで赤ちゃんに戻った時の愛らしさと、ボスに戻った時のギャップが面白い!!
最後はそう来ると思った。
シンプルなストーリーだったけど、大切なことを改めて感じられて心が温まった
»ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

皮肉の聞いた大人のための赤ちゃん映画 (投稿日:2017年10月7日)

予備知識ゼロで、一足先に国際線機内で楽しんだ。
アレック・ボールドウィンが赤ちゃんのCVだと聞いてまずは目を疑うが、なんとも皮肉と風刺の効いた、「大人のための赤ちゃん映画」。ビジュアルに騙されず、先入観なしで見るべき。
ただし、…、ほんとうの子供には面白さが伝わらないかも。 »ガイドライン違反報告

投稿:afternoonteabreak

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ボス・ベイビー > レビュー