TOP > 上映中の映画作品を探す > 特ダネ女史

「南部の人」の潤色者ヒューゴー・バトラーがアイアン・マクレラン・ハンターと協力した原作を、「婿探し千万弗」のチャールズ・ホフマンが脚色し、「マルクスの二挺拳銃」のエドワード・バゼルが監督した喜劇。バッディ・アドラー製作の1950年度作品である。「風を起す女」のジョセフ・ウォーカー、「ニノチカ」のウェルナー・リヒアルト・ハイマンがそれぞれ撮影・音楽を担当している。「風を起す女」のロザリンド・ラッセル、「大時計」のレイ・ミランドをめぐって、「家路」のエドモンド・グウェン、「腰抜け顔役」のメアリー・J・サンダース、舞台出のジャニス・カアターらが共演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベントン女子大学で学部長の栄職にあるスーザン・ミドルコット博士(ロザリンド・ラッセル)は、「タイム」の表紙にまでなる名流女性だが、その生活は学問1点張り、類まれな美貌ながら断じて男を寄せつけないノー・ロマンスの女性としても有名だった。彼女は老父マーク(エドモンド・グウェン)養女ルイザ(メアリー・J・サンダース)と暮していたが、この二人にとってはスーザンが一日も早く結婚してくれることが望みだった。折から、英国の著名な天文学者アレック・スティーヴンスン(レイ・ミランド)が講演旅行のため渡米して来た。彼の旅行のマネージをしているテディ(ジャニス・カーター)は、誤解から彼をスーザンの隠れた恋人と思い込み、商売気を出してそのネタを新聞社に持ち込んだ。怒ったスーザンは早速アレックにねじこむためボストンへ駆けつけ、彼をハンドバッグでなぐりつけたのでまたまた新聞はそれを書きたてた。翌日バッグの中身を返しにミドルコット家を訪問したアレックは、マークにすっかり気に入られ、ルイザも彼を父だと思い込む有様にスーザンはいよいよ冷たい態度で彼に接するようになった。にもかかわらず、二人の行動はことごとにスキャンダルの種をまき散らすばかり、噂は噂を呼んで、ルイザは彼と彼女の間の子供だというデマまで飛び初めて、ついに大学の理事会はスキャンダルが嘘であることを証明しなければ彼女に辞職を要求するとスーザンに迫った。彼女はルイザの養子証明書を出しかけたが、この時彼女の中の女心が目覚め、あっけにとられる人々を尻眼に、彼女はアレックの腕に抱かれるため駅へ向って走り出した。

作品データ

原題 A Woman of Distinction
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 特ダネ女史