映画-Movie Walker > 作品を探す > ラスト・ホールド!

ラスト・ホールド!の画像

スポーツクライミングの種目であるボルダリングに挑む大学生たちを描く青春ストーリー。卒業を控えたボルダリング部の主将が廃部から逃れるためになんとか集めた個性豊かな部員たちと、日々の練習を通して絆を深めていくさまがつづられる。TVのバラエティ番組などでも活躍するA.B.C-Zの塚田僚一が映画初主演を務める。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 3
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

取手坂大学4年生の岡島(塚田僚一)は卒業を間近に控え、部員が自分1人しかいないボルダリング部が廃部寸前となり焦っていた。存続に必要な最低人数は7人のため、新入生を6人勧誘することに。ようやく、河口(岩本照)、新井(深澤辰哉)、桃田(渡辺翔太)、高井戸(宮舘涼太)、桑本(佐久間大介)、中道(阿部亮平)を入部させるが、河口以外は初心者で、元ドラマーやゲームおたく、性格も一癖ある者ばかりだった。岡島はルールの説明や基礎練習から始める。目標であるインカレに出場し優勝するためには、強豪の昇竜大学に勝たなければならない。メンバーは個人選手権に出場し、個人戦で腕試しをすることに。しかし、決勝戦に残ったのは岡島と河口だけだった。河口は中学生のころは将来有望な選手だったが、ある事件をきっかけにボルダリングから遠ざかっており、このことを語ることなく、いまだに彼を苦しめていた。河口は最後のホールドに手を伸ばすことができず、岡島も負けてしまう。就職活動を控えた岡島は、これを最後に試合から引退することを決めていた。団体戦の登録人数は6人のため、あとを託して岡島は部を去る。負けたことに悔しさを覚えたメンバーは、団体戦に向けて自分の得意なことを活かして作戦を練ることに。励まし合いながら練習を重ね絆を強めていくメンバーたちだったが、大事な団体戦を前にある事件が起きる。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 90
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 真壁幸紀
製作 高橋敏弘
プロデューサー 岡村紘野
脚本 川浪ナミヲ高見健次
撮影 葛西幸祐
音楽 眞鍋昭大
主題歌 A.B.C-Z
美術 西村貴志
編集 後藤あずさ
録音 栗原和弘
照明 谷本幸治

レビュー

ボルダリング入門編にピッタリ

投稿者:a_bikke

(投稿日:2018/05/17)

ボルダリングのイメージは、Instagramをするオシャレ女…

[続きを読む]

支持者:1人

来たれ、ボルダリング部へ!

投稿者:yokakenp

(投稿日:2018/05/14)

さっき見終わりましたが、なんだか大笑いじゃなくてクスクスとい…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

A.B.C-Z塚田僚一、初主演映画に大はしゃぎ!後輩Snow Manとのチームワークの良さで“塚ちゃん桜”が満開に
A.B.C-Z塚田僚一、初主演映画に大はしゃぎ!後輩Snow Manとのチームワークの良さで“塚ちゃん桜”が満開に(2018年3月26日)

東京オリンピックの追加種目に決まった話題のスポーツ“ボルダリング”で日本一を目指す、落ちこぼれ大学生たちの奮闘を描いた青春映画『ラスト・ホールド!』の完成披露試…

A.B.C-Z塚田僚一&Snow Man6人の映像も!汗だくで壁を登る姿が胸アツな『ラスト・ホールド!』
A.B.C-Z塚田僚一&Snow Man6人の映像も!汗だくで壁を登る姿が胸アツな『ラスト・ホールド!』(2018年2月3日)

2月1日にメジャーデビュー6年目を迎えた“A.B.C-Z”の塚田僚一が、“ボルダリング”に青春を燃やす大学生に扮した初主演作『ラスト・ホールド!』(5月12日公…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラスト・ホールド!

ムービーウォーカー 上へ戻る