映画-Movie Walker > 作品を探す > ボーイ・ミッシング

息子を思うあまり犯罪に手を染め、惨劇に巻き込まれていく母親の姿を映し出すスパニッシュ・スリラー。通学途中に拉致され自力で逃げ出した少年ビクトル。前科者の男が逮捕されるが証拠不十分で釈放。その夜からビクトルの周りで不審な出来事が起こり始める。出演は「ボルベール 帰郷」のブランカ・ポルティージョ、「ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッド」のアントニオ・デチェント、「悪人に平穏なし」のホセ・コロナド、「ネスト」のマカレナ・ゴメス、「パフューム ある人殺しの物語」のアンドレス・エレーラ。監督は「永遠のこどもたち」「ロスト・アイズ」などをプロデュースしてきたマル・タルガローナ。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

その日、女性弁護士パトリシア(ブランカ・ポルティージョ)は、耳の不自由な息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護されたと報せを受ける。ビクトルは通学途中に何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。やがて、彼の証言をもとにモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。だがチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強く求めるが、ほどなくして彼は証拠不十分で釈放される。その夜からパトリシアとビクトルの周囲で不審な出来事が次々と起こり始める。それらがチャーリーの仕業だと確信したパトリシアは、再び警察に彼の逮捕を要求するが断られ、かつて裏稼業に手を染めていた友人ラウル(ホセ・コロナド)のもとを訪ねる。ラウルのコネクションを通じてチャーリーを痛めつけ、警告を与えるよう依頼するパトリシア。しかしそのことが思いもよらぬ惨劇を招いていく……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 SECUESTRO
製作年 2016年
製作国 スペイン
配給 クロックワークス
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボーイ・ミッシング

ムービーウォーカー 上へ戻る