TOP > 上映中の映画作品を探す > 特集社会面

ルイ・ワイツェンコーンの手になる戯曲を「世界の與太者」のバイロン・モガンが映画劇に改作し「無冠の帝王」のロバート・ロードが脚色の筆をとり「犯罪王リコ」「女が第一」のマーヴィン・ルロイが監督したもので主なる出演者は「犯罪王リコ」「夜の大統領」のエドワード・G・ロビンソン、「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、「リリオム」のH・B・ワーナーアンソニー・ブッシェルジョージ・E・ストーンオスカー・アッフェルなど。カメラは「繁昌娘」「プロ青年とブル娘」のソル・ポリートが担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヒンチクリッフという偽善者の経営している「ガゼット」は世にも希な下等な悪徳新聞であった。編集長のランダルはそうした空気の中で長らく働いてきた男であったが、もとよりヒンチフリッフの行為は心から嫌悪しており、給料のためとは知りながらも自分の生活を省みては自ら嘲っていた。ヒンチクリッフは近頃、新聞紙の売れ行きが思わしくないので挑発的な記事で釣ろうと20年前の殺人事件を蒸し返して発表する事に決める。その殺人者はナンシー・ヴーリースという女で、20年前のうら若いとき自分を裏切った男を殺したのであった。無罪の判決があってのちマイケル・タウンセンドという青年と結婚した。タウンセンドは両親の反対を押し切り、以来独力で働き、銀行員として相当の暮らしをしている。生まれ落ちた娘ジェニーは何事も知らず、マイケルを真の父親だと信じ、すくすくと成長して花羞ずかしい乙女になっている。ヒンチクリッフの発案で、いよいよこのナンシー・ヴーリース殺人事件を連載することになるのでランダルは不本意ながらも承知し悪徳新聞的な活動を始める。まづ神学学校から放校されたイソポッドという男を牧師らしく変装させキティーという若い女記者と一緒に探訪に派遣する。折しもジェニー・タウンセンドはフィッリプ・ウィークスという青年と結婚する事になっていた。二人とも殺人事件の話しは鵜の毛でついたほども知らない。何しろ結婚が目前に迫っているのでタウンセンド一家はイソポッドを教会の牧師と信じ切ってしまう。そして丁度「ガゼット」のナンシー事件連載の予告を読んで心を痛めていた折からイソポッドに訴えて尽力を乞う。イソポッドは巧みにカマをかけて色々と探る一方、ジェニーの写真までも手に入れてしまう。結婚式の朝、連載の第1回分が発表される。タウンセンド夫妻は誰も新聞を読まないうちに式が終わってしまえばいいと祈るが、新郎の両親は早くも訪れてきて結婚に絶対反対の意見を述べて帰る。ナンシーは狂気の様になって「ガゼット」に電話をかけるがついに要領を得ず毒を飲んで自殺を遂げる。マイケルも後を追おうとしているところへ若い二人が結婚の届出を済ませて帰ってくる。彼は二人を教会にいそがせてその後で自殺する。娘ジェニーは心も狂乱して新聞社を訪れる。そして両親の仇といってヒンチクリッフとランダルを殺そうとするが、気遣って駆けつけたフィリップにとめられる。フィリップはヒンチクリッフとランダルに警告し、この先ジェニーの事を一行でも書いたら必ず報復するといって立ち去る。フィリップはマイケルと同じように敢然とジェニーと結婚するつもりなのである。ランダルはタウンセンド夫妻の死は手こそくださね自分が殺したも同然であることを痛感しヒンチクリッフの所行と偽善を罵口を極めて罵り即座に辞職してしまう。

作品データ

原題 Five Star Final
製作年 1931年
製作国 アメリカ
配給 W・B・F・N社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 特集社会面