映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 少女ファニーと運命の旅 > レビュー

投稿レビュー(6件)少女ファニーと運命の旅は星4つ

全編にわたる緊張感 (投稿日:2017年10月10日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ナチスから逃げる旅の話だと観る側が知っているからでしょうが、最初から最後までスクリーンに命懸けだという緊張感が漲っています。
最年長ではないのに、ファニーはなりゆきで逃避行団のリーダーに指名されます。命が懸かっているだけに形式的にリーダーを決定するわけにはいかず、本当だったら引率してくれるはずの先生が、ファニーを選びます。『あなたなら大丈夫、気が強いから』という台詞は笑える一方涙がでます。
事の重大さが分かっておらず小さい子供たちがはしゃいでしまうところなど、リアルで良かったです。
»ガイドライン違反報告

投稿:イナムー216

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

イノセントの行方 (投稿日:2017年8月26日)

全面を通して、子供にこんなことなせるなよと涙がじんわりでてきそう。
ユダヤ人ってだけで幼稚園くらいの子供が飲まず食わずで逃げるなんて。止まったら、見つかったら命がない。本人たちはユダヤ人と言う意味さえしらないのに。

ほとんど大人がいない中、自分たちでこれからのことを議論し、進んでいく。どの子も精神的に飛躍的な成長。悲しくつらい中、彼らの明るさは、戦争とは大人のいや国の幹部だけの都合であるとより色濃く見える。

ラストのボーダー越えはフィクションであるかのよう。
戦争で一体何を得るのか、何もない。それなのに戦争は儲かる、だから今も戦争がテロが。

ファニーをはじめ、ヴィクトール、モーリスらの強い意志表現が映像いっぱいに溢れる、素晴らしい。 »ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

たくさんの運命 (投稿日:2017年8月23日)

戦争は嫌だけど
戦争は怖いけど

子供を思う大人たち
親を思う子供たち
素直で可愛い痛いげな子供たち
怖かったけど
優しい人がたくさんいた
素晴らしい国があった
本当に
よく頑張ったね

この世から戦争が無くなりますように… »ガイドライン違反報告

投稿:KI-ki

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あの時代 (投稿日:2017年8月16日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

あの時代、こういう物語が沢山沢山有ったのだろう。人の数だけ。
そして、あの時代にナチスに屈しなかったこの時代のスイスが私は大好きなの。一番行ってみたい国なの。

子供を守る為に支援者の施設に子供を預け、ユダヤ人の親たちはどんな末路を辿ったのか‥
不安で、疲れ果て、行くべき場所も解らず、頼る相手も居ない。そんな子供たち。
皆が必死で手を取り離さないように寄り添って。・・健気で、痛々しくて、弱くて、強くて。

命懸けで子供たちを守った支援者がいたこと、協力出来ない・・と言いながら見逃し手を貸してくれる一般市民たちの優しさが嬉しい。
保身の為に情報を売る人たちも哀しい。

きっと、たどり着けなかった子供たちも沢山居たんだろう。守ったが故に命を落とした大人たちも。
そう言う話を、たくさん残して下さい。
私達が道を誤らない為に。戦争を、仕方が無いなんて言わない為に。
»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

実話に基づく「正統派」の脱出劇! (投稿日:2017年8月11日)

 第二次大戦終戦間際、13歳の少女ファニーをリーダーにフランスからスイス国境まで脱出を試みた子供たちの実話に基づくお話!

 初日の8月11日は、あまり面白い映画(大人向け)が公開されていないこともあり、シャンテの1回目は中高年を中心にほぼ満席でした。

 実話に基づいているため、結末は分かっているし、この手の話「ナチ脱出もの」は殆ど出尽くしているため、どんなものかと半信半疑での鑑賞でしたが、子どもたちの素晴らしい演技に加えて、ハラハラドキドキの展開の途中にも、無邪気な子供たちの姿が定期的に映し出されていて、いい意味でメリハリのあった演出がよかったです。

また、「手紙」で始まり、「手紙」で終わるほど、「手紙が重要な役割を果たしているのですが、そのくだりもgood!で、観ている側は、各自の解釈で感動を盛り上げたに違いありません。

 私もその一人で、お約束のラストでもジーンを感動することができました。

 今年のお盆休みは、特撮命のハリウッド大作映画もいいですが、単館上映の昔ながらの雰囲気のあるフランス映画はいかがですか! »ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

がんばれ13歳の指揮官 (投稿日:2017年8月1日)

第二次大戦中、フランスに住み、ドイツ軍につかまらないように、ユダヤ人の長女ファニーが二人の妹や同時に避難していた子供たちとフランスからスイスへ逃げる実話に基づく映画です。
逃げる途中の草原や野原で無邪気に遊ぶ子供たちとそのおかれた状況が郷愁を誘います。
健気な女の子がリーダーとなって行う逃避行にハラハラドキドキさせられます。
公開が楽しみです。 »ガイドライン違反報告

投稿:わせい

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 少女ファニーと運命の旅 > レビュー