映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 今夜、ロマンス劇場で > レビュー

投稿レビュー(18件)今夜、ロマンス劇場では星4つ

ふたりの決意 (投稿日:2019年10月14日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

WOWOWで鑑賞。
中盤にかけてはわりと普通というか、はるかちゃん可愛い~、衣裳素敵~、坂口くん当たり役~、北村一輝~♪(笑)という感じで気楽に観ていたのですが、終盤でやられました。泣きました。いや、よく考えたら「抱きしめて」でジ・エンドなんてあるわけないんですが。

一度も触れあわないまま半世紀以上を共に生きたのであろう映画人の男と映画の中の女。ふたりのあいだにあった、強い決意と映画への愛。現代の健司を演じたのは、これが遺作となった加藤剛。美しく枯れていらして、綾瀬はるかの隣でちゃんと恋人どうしでした。

なんかこういう、愛が時をまたぐ、みたいな設定には弱いです。感動ポイントに至るまでの設計にあと一息ドライブがかかっていたら、もっとよかったんじゃないかな。

»ガイドライン違反報告

投稿:McCOY

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

最後がとてもよかった (投稿日:2019年3月12日)

最後がとても良かったです。
映画館で泣いてしまいました。シーンひとつひとつがとてもキレイで、。、。
ラブロマンス好きにぜひ見てもらいたい映画です。 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

降り注ぐ映画愛。 (投稿日:2018年6月19日)

設定はカイロの紫のバラで、ヒロインはオードリーファッション、
往年の名作に撮影所のあるあるネタなど映画好きにはこれでもか
と降り注ぐ記憶の数々が楽しい。既視感ありの懐かしさ以外には
後半でヒロインの秘密と青年の覚悟が語られて涙のエンディング
を迎えるが、物語のテンポは今一つでそこまでが長い。惹き付け
られるのは、スクリーン側からもこちらが見えているという設定
で大スターからそんな告白をされたいファン心理を刺激している。 »ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

映画に恋したね (投稿日:2018年3月14日)

このままでいたいって思ったことがある。
年月が経っても、今が昔になっても、ずっとこのままでいたいって…
明日が来るたびに昔になっていくのが怖くって…
戻れない今が逝ってしまうのが怖くって…
映画の中にずっと居たいって思う。
それが夢の中でも… »ガイドライン違反報告

投稿:KI-ki

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

泣きました (投稿日:2018年3月14日)

周りは妙齢の女性ばかりで、男性はまばらでしたが、純愛悲恋物語。泣きました。泣きました。いい歳なのに。やはり、映画館が舞台なので、映画館で観ると、情感が否応なしに高まります。おそらく、もう一度観に行くでしょう。掛け値無しの名作です。 »ガイドライン違反報告

投稿:movado

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ハンサムガイ! (投稿日:2018年3月5日)

前半はハンサムガイを楽しんで、後半は主役二人の恋の行く末を見守る映画。
この映画は年を重ねた方や人生経験の豊富な人が見た方が感動するんじゃないかな。

先に小説を読んだので映画を見ても泣かないだろうと思ったのですが、やっぱり泣きました。映画が終わって鏡を見たらマスカラが粉々になっていました。ウォータープルーフだったのに…!!! »ガイドライン違反報告

投稿:秋楡

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

二人の映画の映画 (投稿日:2018年2月24日)

主人公二人に焦点を絞り時間をかけるので、否応無しに情感は高まるが、異世界のヒロインというユニークな設定を十分に活かしているのかと問われると、いかがだろう。
北村一輝のスター俳優や、柄本明の映画館主なども含めて、ギャグやエピソードが広がらず、もったいなく感じるのは、無い物ねだりか。映画の撮影所が、海あり、川ありの風光明媚な田園の中にあるように描かれるのも、ファンタジーとはいえ、厳しい。もっとも、満員電車で現場に行く設定ではヒロインは、早々に消えてそうだが。
綾瀬はるかは美しく、映像映えするし、非はないのだが、この設定で映像から飛び出すやんちゃな姫君としては、すでに大女優になりすぎでは。申し訳ないが、坂口君とのマッチングにしっくりとしたバランス感が得られなかった。
繰り返すが、彼女の非ではないのだが。 »ガイドライン違反報告

投稿:afternoonteabreak

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

試写会「今夜、ロマンス劇場で」 (投稿日:2018年2月20日)

CMなんかで語られるほど、涙するという感じは度合い的には少ないかなと思いますが、モノクロ設定、お笑い設定など、綾瀬はるか作品としては上位に来るかも?と個人的に思う作品でした。
最期に、映画スターとして出ている北村一輝の役はとても良いので注目して観て欲しいです(笑) »ガイドライン違反報告

投稿:刹那

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

映画のなかで映画が舞台の泣ける物語です (投稿日:2018年2月17日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

本当にいい映画でした。主人公の二人の最期に泣きました。また、二人のもう一つの最後の終わり方にうれし泣きました。

現代と過去が交錯する場面、仮想と現実が混じるSF的要素、等々、見ている者に理解力を求める映画ですが難しくはありません。
最後に主人公の青年がモノクロ映画の中に入ってしまってヒロインと対面するシーンをどこかで見覚えがある演出でした。昔テレビで視た米国の人気ドラマ「トワイライトゾーン」です。もちろんストーリーが全く違いますが、有り得ない非現実的な部分とどこか哀愁が漂うところが同じです。グッときました。

なお、主人公の晩年を演じた加藤剛さんの演技が素晴らしい。背格好や顔のつくり・雰囲気が主人公の青年時代と似た俳優さんをよく見つけてくれました。それが加藤剛さんです。昔から好きな俳優さんでしたが、本編でも哀愁漂う好演をされています。

とにかく、まだご覧になってない方にはぜひおすすめです。
本当に素晴らしい純愛ラブストリーです。 »ガイドライン違反報告

投稿:猟兵

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

見つけてくれて有難う❗ (投稿日:2018年2月16日)

劇中、美雪(姫)が言う言葉です。
普段、我々は、映画の登場人物が何を考えているかなんて、考えても見ないですが、彼らもまたスクリーンの向こうから、こちらを見ているとしたら…。
この発想は面白いですね❗そして、忘れられて行く主人公達が、実は救いを求めているとしたら❗
美雪はヘップバーンのスタイルですし、あのガラス越しのキスは『また逢う日まで』でしょう?映画好きにはたまりません。
そして、このオチは、先日観た短編の『Snowman』を思い出しました。純愛ものの一つの典型になるか❗ »ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 今夜、ロマンス劇場で > レビュー