写真甲子園 0.5秒の夏|MOVIE WALKER PRESS
MENU

写真甲子園 0.5秒の夏

2017年11月18日公開,117分
  • 上映館を探す

全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」を題材にした青春ドラマ。夏の北海道東川町を舞台に、一枚の写真に懸ける大阪の関西学園写真部と東京の桜ヶ丘学園写真部の高校生たちが、挫折や葛藤に直面しながら成長していく姿を描出する。出演は「早咲きの花」の笠菜月、「セシウムと少女」の白波瀬海来、「3月のライオン 後編」の中田青渚、『仮面ライダーエグゼイド』の甲斐翔真、「イノセント 15」の萩原利久、「ライアの祈り」の河相我聞、「エイプリルフールズ」の千葉真一、「白ゆき姫殺人事件」の秋野暢子。監督・脚本は「ぼくらの七日間戦争」「早咲きの花」の菅原浩志。撮影を「恋人たち」の上野彰吾、音楽を「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の吉村龍太が担当する。2017年11月11日より北海道先行公開。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪・関西学園写真部の顧問・久華栄子(秋野暢子)から、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」への熱い思いを聞いた写真部員の尾山夢叶(笠菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人。“挑戦した人だけが見える世界”を体験したいと願う彼女たちは、写真甲子園出場を目指すことに。一方、東京の進学校・桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問の高島晃(河相我聞)だけ。だが写真甲子園は3人がひとチーム。翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。しかし絢香はカメラすら持っていない超初心者であった。写真甲子園は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上が応募、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。初出場にして念願の本戦出場を勝ち取った桜ヶ丘学園。また同じく本戦に駒を進めた関西学園は、部員たちの想いを背負って夢叶、さくら、未来の3人が本戦の地、北海道東川町へとやって来る。やがて全国から精鋭18校が集結、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。青春のすべてを懸けて必死にシャッターを切る高校生たち。だが大会中、夢叶や翔太のチームを次々とトラブルが襲う。果たして、高校写真部日本一の行方は……。

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
配給
BS-TBS
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • shiron56158431

    5
    2020/4/4

    映画の中で立木義浩プロが「写真は氷山の一角」とおっしゃっていましたが、その下にある物語を感じさせる写真が良い写真。
    私のようなド素人でも、心を惹かれる写真があります。
    そんな写真が語りかけてくるのは、てっきりそこに写っている被写体の物語だと思っていましたが、
    実は氷山の下に隠れているのは、その瞬間を切り取った撮影者の物語なのだと、この映画が教えてくれました。

    今回初めてその存在を知った“写真甲子園”ですが…なぜに“甲子園”??
    甲子園の魅力はズバリ!【今年限りのチーム戦】これに尽きると思います。
    一戦一戦「これが同じメンバーで戦う最後の試合になるかもしれない…」といった切羽詰まった状況のなか、チームが一丸となって実力以上の力が発揮される奇跡!
    泣けるほど何かに打ち込むことの無くなったBBAには、その情熱がただただ尊くもらい泣き。(T ^ T)

    でも…写真って個人プレーでしょ?
    シャッターを切るのは一人なんだから、“高校生写真コンクール”で良いのでは??と思ったあなた!
    そう。写真甲子園とコンクールの違いはズバリ!3人1組のチーム戦なのです!(≧∀≦)
    しかも、一年かけて撮ったベストの写真で勝負するのではなく、全国で初戦を勝ち抜いた18組による撮影合戦!

    勝負は3回。
    1回ごとに異なるテーマが掲げられ、54人の高校生がカメラ片手に北海道東川町を駆け回ります。
    そこからは時間との戦いで、撮影したデータを時間内に提出するだけでなく、写真をセレクトする時間も決められているうえに顧問がアドバイス出来るのはラスト20分のみ。
    セレクトした写真を審査員に向けてプレゼンテーションするのですが…そこまで纏めあげるには様々なドラマがあります。
    3人1組ってところもミソで、意見のパワーバランスが生まれる人数ではないですか。( ̄ー ̄ )ニヤリ
    甲子園のようなトーナメント戦ではありませんが、様々な制限をつける事で切羽詰まった状況を作りあげるとは…。実力以上の力が発揮されるよう、感動したい大人達が仕組んだとしか思えない大会ですがww審査員が豪華!!!
    プレゼンテーションした写真に、その場で総評をコメントします。
    これ、もの凄い集中力と人間力を問われる作業だと思うので、審査員は相当な覚悟で臨んでいるに違いない。
    真剣な高校たちに真剣に向き合う大人達にも感動しました。
    町おこしの一環とは言え、泊まるところから食事まで、高校生達を全面的にバックアップしている東川町の人達も素敵。

    映画は実在の人物を交えたフィクションですが、“写真甲子園”自体の魅力が充分に伝わりました。
    ぜひ、実際に写真甲子園で撮影された写真が見てみたい!
    どこかで展覧会があると良いのになぁ。と思ったら
    なんと!アーカイブが!!

    https://syakou.jp/archives/

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告